野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西岡剛、独立リーグ挑戦の“今”イチロー、妻の存在… 「一人だったら無理だった」

NPB復帰へ、心の支えはイチローだった。阪神を戦力外になり、ルートインBCリーグ栃木でプレーしている西岡剛内野手は「イチローさんに1ミリでも近づきたい」と語る。

栃木ゴールデンブレーブス・西岡剛【写真:荒川祐史】
栃木ゴールデンブレーブス・西岡剛【写真:荒川祐史】

ルートインBCリーグ栃木でNPB復帰を目指す西岡剛

 NPB復帰へ、心の支えはイチローだった。阪神を戦力外になり、ルートインBCリーグ栃木でプレーしている西岡剛内野手は「イチローさんに1ミリでも近づきたい」と語る。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 阪神から引退試合のオファーも「僕は引退しません」と独立リーグでのプレーを選択。開幕戦では「1番・DH」で3安打、3打点。2戦目には独立リーグ1号を放つなど活躍を続けている。独立リーグでNPB復帰を目指す西岡の今を聞いた。

――西岡選手を突き動かすものは?

「根本は野球が好き。好きじゃないと続けられない。若い時って、寝て起きたら試合に出れた。身体が動く。それ(身体のケアやトレーニング)を怠ったわけではないが、もっとこうしておけば、もう1年、2年、3年長くやれたという反省点がある。継続というのは本当に大変です。次元が違う方ですが(イチローに)1ミリでも近づけるように頑張りたい」

――自身の現状をどう捉えてますか?

「プロ(NPB)だと、テレビの映像があって、球種のデータも完璧にあるが、(ここでは)本当に初めて対戦するピッチャーなので、対応能力というのが、本当に必要とされる。今年一年、そこ(対応すること)に集中していくという感じです」

――今年で35歳になるが年齢的にもまだまだやれる感じでは?

「やれる気持ちでいるから、野球を続けられる。マインドを変えていこうというか、20代で出来なかったことを、30代でトライしてみようと、今はやっている。何の戦いかというと、継続との戦いになってくる」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」