野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

病からの復活目指す中日藤嶋と笠原 共に投球練習を再開、復活にかける思い

「5月のドラゴンズカレンダー、カテーテル兄弟なんです」と藤嶋健人が笑った。「一緒にすんなよ」と笠原祥太郎が白い歯を見せる。ナゴヤ球場で1軍復帰を目指す2人の表情は明るい。

5月のドラゴンズカレンダー【写真:若狭敬一】
5月のドラゴンズカレンダー【写真:若狭敬一】

発作性上室性頻拍の笠原、頭をよぎった引退「正直、新潟に帰って就職することも」

 笠原は治療後、初ブルペンだった。ストレートとチェンジアップを交えて32球を投じた。

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「勢いがありませんでした。全部、垂れているというか。まだまだです」

 苦笑いを浮かべたが、投げられる喜びを感じていた。不整脈は大学時代から持っていたという。

「3年生からだったと思います。私生活では一切出ないのですが、運動すると、時々動悸が起きていました。プロに入ってからも何度もありました。ただ、休むとおさまるので、治療は今まで1度もしたことがなかったんです」

 検査で原因が判明。しかし、医師からはこう告げられた。

「根治できない可能性もゼロではありません。その場合、運動は勧められません」

 つまり、最悪“引退”ということだった。

「5年近くも不整脈と付き合ってきたので、大丈夫だろうと思いました。ただ、正直、新潟に帰って就職することも考えました」

 治療は局所麻酔で行われた。したがって、医師の会話がうっすらと耳に入った。

「間違っているかもしれませんが、『これは治らない。次だ』と聞こえたんです。その時はさすがに『あ、終わった』と思いましたね」

 不整脈の原因は異常な電気信号か電気経路によるものらしい。

「おそらく電気信号を焼き切ることは不可能だったんだと思います。ただ、それが出ても、経路を切断すれば良いらしく、たぶんそのことを話していたんだと思います」

 治療は無事に成功した。今は運動をしても、全く動悸や発作はない。

「今後はもう少しブルペンに入って、BP(打撃投手)をして、シート打撃に登板。もちろん、2軍の試合にも投げると思います。どんどんペースアップしていきたいですね」

 藤嶋は今月中に打撃投手をこなすところまで来ている。

「夏場の復帰を思い描いていましたが、ずいぶん早いです。6月中には2軍で投げたいです」

 笠原も前を見据える。

「できれば、交流戦中に1軍復帰したいです。遅くても6月下旬のリーグ戦再開後には」

 けが人続出で借金を抱える中日の現状は厳しい。しかし、光はきっと差し込んでくる。まもなく5月のカレンダーは破られる。カテーテル兄弟がマウンドに立つ日は遠くない。

(CBCアナウンサー 若狭敬一/ Keiichi Wakasa)
<プロフィール>
1975年9月1日岡山県倉敷市生まれ。1998年3月、名古屋
大学経済学部卒業。同年4月、中部日本放送株式会社(現・株式会
社CBCテレビ)にアナウンサーとして入社。
<現在の担当番組>
テレビ「サンデードラゴンズ」毎週日曜12時54分~
「High FIVE!!」毎週土曜17時~
ラジオ「若狭敬一のスポ音」毎週土曜12時20分~
「ドラ魂キング」毎週金曜16時~

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」