野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

病からの復活目指す中日藤嶋と笠原 共に投球練習を再開、復活にかける思い

「5月のドラゴンズカレンダー、カテーテル兄弟なんです」と藤嶋健人が笑った。「一緒にすんなよ」と笠原祥太郎が白い歯を見せる。ナゴヤ球場で1軍復帰を目指す2人の表情は明るい。

中日の笠原祥太郎(左)と藤嶋健人【写真:荒川祐史】
中日の笠原祥太郎(左)と藤嶋健人【写真:荒川祐史】

右手血行障害からの復帰を目指す藤嶋、届いた上原浩治からのメール

「5月のドラゴンズカレンダー、カテーテル兄弟なんです」と藤嶋健人が笑った。「一緒にすんなよ」と笠原祥太郎が白い歯を見せる。ナゴヤ球場で1軍復帰を目指す2人の表情は明るい。

【PR】セ・パともにクライマックスシリーズ全試合配信! CS観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ともに3年目。今年は大きな飛躍が期待された。しかし、藤嶋はいきなり躓いた。1月に右手血行障害を発症し、キャンプ不参加。2月上旬にカテーテル手術を受けて、10日間の入院生活を送った。その後は階段の昇り降り、軽めのジョギング、キャッチーボールなど常に体と相談しながら、慎重にリハビリを続けてきた。

 笠原は初の開幕投手に抜擢された。その後もローテーションを守り、4試合で2勝0敗。投手陣の軸として活躍していた。しかし、4月26日の練習後に体調不良を訴えた。検査の結果、不整脈の症状が認められた。5月10日に「発作性上室性頻拍」と診断され、カテーテルアブレーション治療を行った。数日間の入院後、14日から練習を再開している。

 5月27日。ナゴヤ球場でその2人がブルペンに入った。

 藤嶋は術後、6回目。ストレートのほか、カーブやフォークなど持ち球の全てを投げた。球数は術後最多の60球。心地よいミットの音が響いた。

「状態はものすごくいいです。気持ちも前向きです。少し前に突っ込むので、体幹や下半身を鍛えて、そこを修正できるようにしています」

 去年の開幕前、巨人の上原浩治の投球フォームを動画でチェックし、模倣したことがブレイクに繋がった。対話も実現。「1つ1つの質問に本当に丁寧に答えて頂きました」と感謝の思いは尽きない。

 その上原が引退した。

「当日の朝に新聞で知って、LINEを送ろうと文章を考えていたら、上原さんから来たのでびっくりしました。『体調はどうだ? 1軍で会えるのを楽しみにしていたけど、辞めるよ。お前のことは気にしているから、何でも聞きたいことがあれば、聞いてくれ』と」

 藤嶋は復活を誓った。

「上原さんに夢をもらったように僕も夢を与えられるように頑張ります。早く1軍で投げる姿を見て頂きたいです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」