野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 「いるはずのない場所に…」 ボール見失った味方を救う驚異的美技に称賛の声

「いるはずのない場所に…」 ボール見失った味方を救う驚異的美技に称賛の声

米国の大学野球でまたしても驚異的なプレーがあった。三塁ファウルゾーンで味方野手がボールを見失ったものの、遊撃手が猛然とダッシュしてきてスライディングキャッチ。この美技の映像がツイッターで公開されると、フォロワーからは「とんでもないキャッチ」などと絶賛の声が上がった。

米国大学野球で起こった美技に称賛の声が集まる(画像はスクリーンショット)
米国大学野球で起こった美技に称賛の声が集まる(画像はスクリーンショット)

ツイッターで映像が公開され絶賛の声「とんでもないキャッチ」

 米国の大学野球でまたしても驚異的なプレーがあった。三塁ファウルゾーンで味方野手がボールを見失ったものの、遊撃手が猛然とダッシュしてきてスライディングキャッチ。この美技の映像がツイッターで公開されると、フォロワーからは「とんでもないキャッチ」などと絶賛の声が上がった。

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が「この遊撃手はどこからともなく現れ、チームメートが眩しくて見失ったボールをキャッチした」とのタイトルで特集したファイプレーは、NCAA(全米大学体育協会)トーナメントのネブラスカ大-コネチカット大の一戦で飛び出した。

 打者が三塁ファウルゾーンに飛球を打ち上げると、コネチカット大の三塁手は落下地点に入り、グラブで太陽を遮るようにしたが、ボールを見失っていた。しかし、遊撃手が猛然とダッシュ。そして、最後は三塁手の背後に落下してきたボールをスライディングでキャッチした。

「Cut4」は「コネチカット大の三塁手デビッド・ランガーは眩しくてボールを見失った。普通ならその場合、選手がボールの落下地点から15フィート(約4.6メートル)ほど離れた場所にいたりする。しかし、彼はちょうど落下地点の辺りにいた。つまり、遊撃手のアンソニー・プラトは状況に気が付いた時、内野から大急ぎで向かい、ランガーの真横にダイブし、キャッチしなければならなかった」とレポート。そして、「プラトはいるはずのない場所に現れ、内野の友人を助け、幽霊か守護天使のようであった」と独特の表現で絶賛している。

 コネチカット大は敗れたとあって、最後は「これが野球の友情である。残念なことに、これはハスキーズ(コネチカット大のチーム名)が勝利するには十分でなく、5-8で敗戦した」と締めくくっているが、このプレーの動画をNCAAベースボール公式ツイッターが「コネチカット大のアンソニー・プラトがオクラホマシティでワイルドなキャッチ!」と紹介すると、フォロワーからは絶賛のコメントが相次いだ。

「ワォ、素晴らしいキャッチ」
「とんでもない、すごいキャッチ!」
「良いチームメートだ!」
「チームメートを救ったね」
「ハスカーズ(ネブラスカ大のチーム名)のファンだけど、なんてキャッチ!」

 試合には敗れても、驚異的な美技は大きなインパクトを残したようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」