野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

選抜準優勝の新鋭・クラーク女子野球部の挑戦 楽天もサポートする新たな境地に迫る

クラーク記念国際高校仙台キャンパス(以下、クラーク)の女子硬式野球部が22日、女子プロ野球のレイアと仙台市内で練習試合を行った。1期生11人で挑んだ、今春の全国選抜大会で準優勝。この日の試合は3-6で敗れたが、プロとの試合を通じ、悲願の全国制覇に向けて大きな財産を得た。

クラーク女子野球部のエース・小野寺佳奈【写真:高橋昌江】
クラーク女子野球部のエース・小野寺佳奈【写真:高橋昌江】

女子プロ野球レイアと練習試合で3-6で惜敗も元楽天石田監督は評価

 クラーク記念国際高校仙台キャンパス(以下、クラーク)の女子硬式野球部が22日、女子プロ野球のレイアと仙台市内で練習試合を行った。1期生11人で挑んだ、今春の全国選抜大会で準優勝。この日の試合は3-6で敗れたが、プロとの試合を通じ、悲願の全国制覇に向けて大きな財産を得た。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 3-0から追い上げられ、3-6で逆転負けを喫したが、創部2年目のチームには収穫の多いゲームになった。「女子野球のレベルの高さを見せてもらった。うちとしては大きな1試合」と石田隆司監督。練習の成果を出せたり、逆に今後の課題が見つかったり。高校1、2年生だけで初めて女子プロ野球チームと戦った経験はかけがえのないものになった。

 昨年4月、東北地方初の高校女子硬式野球部として産声をあげたクラーク。地元のプロ野球・楽天と提携して活動しており、指導者は楽天ベースボールアカデミーのコーチから派遣されている。石田監督は2008年から11年まで投手として楽天でプレー。広橋公寿ヘッドコーチは西武などで活躍し、楽天などでコーチ経験がある。石田監督、広橋ヘッドコーチ以外でも現在、アカデミーコーチを務める楽天の元選手たちが教えに来ることもある。

 移動のバスも楽天が使用していたものを譲り受け、楽天の試合前練習の見学や試合観戦の機会もある。カリキュラムや単位取得の柔軟性がある通信制の全日型教育で、午前中に一般科目を学習し、午後から野球の練習が約4時間、行われる。こうした野球に集中できる環境で、昨夏は1期生11人で初出場ながら選手権大会で8強入り。この春は選抜大会で決勝まで進み、神戸弘陵(兵庫)に0-1のサヨナラ負け。初出場初優勝とはならず、準優勝で悔し涙を流した。

 普段から元プロの指導を受け、日本一を目指している選手たちが今回、初めて女子プロ野球チームと試合をした。初回、1死二塁で三浦里莉(2年)が右中間を割る適時二塁打を放って先制。2回には連打でチャンスを作り、野選と2番・安孫子里沙(2年)の2点適時打で3点を加えた。先制打を放った三浦が、投球がワンバウンドした時に迷わず三塁へ走ったことや2回に高橋結央(2年)がエンドランを決めたことに対し、石田監督は「練習の成果が出た」と拍手。一方で、3回以降は1人の走者も出せず、パーフェクトに抑えられたため、「そこは直していかないといけないところ」と話した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」