野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「レベルが高くて絶望するところも…」2軍で修行中、ロッテ藤原恭大が今、思うこと

今季はチームスローガンに「マウエ↑」を掲げ、2010年以来9年ぶりの日本一を目指すロッテ。2位から6位までが5ゲーム差にひしめくパ・リーグで、交流戦を8勝10敗と負け越したロッテは猛チャージを狙う。夏の祭典・オールスターゲームにはレアードが三塁手部門でファン投票選抜されたほか、監督推薦で二木康太投手、鈴木大地内野手、荻野貴司外野手が選ばれた。

インタビューに応じたロッテ・藤原恭大【写真:佐藤直子】
インタビューに応じたロッテ・藤原恭大【写真:佐藤直子】

昨夏甲子園で大阪桐蔭の春夏連覇に貢献、プロ入り後は「そんなに甘くなかったです」

 今季はチームスローガンに「マウエ↑」を掲げ、2010年以来9年ぶりの日本一を目指すロッテ。2位から6位までが5ゲーム差にひしめくパ・リーグで、交流戦を8勝10敗と負け越したロッテは猛チャージを狙う。夏の祭典・オールスターゲームにはレアードが三塁手部門でファン投票選抜されたほか、監督推薦で二木康太投手、鈴木大地内野手、荻野貴司外野手が選ばれた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 未来のオールスター常連選手を目指し、2軍が拠点を置く浦和で日々トレーニングと練習に明け暮れている人物がいる。2軍から真っ直ぐ「マウエ↑」への躍進を目指すロッテ若手スターをご紹介する連載企画。2019年の第3回は、ドラフト1位ルーキー・藤原恭大外野手の今に迫る。

 ◇ ◇ ◇

 夏の甲子園が100回記念大会を迎えた昨夏、強豪・大阪桐蔭高は史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。その夏の大会で戦った6試合すべてで「4番・中堅」として先発したのが、藤原だった。26打数12安打で打率.462。3本塁打11打点と4番の役割を果たし、かつ2盗塁と俊足ぶりも披露。守っても広範囲をカバーできる上に、超高校級と称される強肩で鳴らした。根尾昂(中日)、柿木蓮(日本ハム)らとチームの核を担って偉業達成。10月のドラフト会議では3球団から1位指名を受け、抽選の結果、ロッテが“ゴールデンチケット”を引き当てた。

 高卒ドラフト1位ルーキーとして、およそ半年が過ぎた6月下旬。入団時より少し体つきが大きくなった藤原は、高校とプロの違いを聞かれると、「技術的に言えば、もう全然、球のスピードも違いますし、キレも違いますし、変化のキレも違いますし、コントロールも違いますし……」と前置きしながら、こう続けた。

「プロ野球選手になったからといって野球が上手くなるわけじゃないな、と思いました」

 プロに入れば、たくさん食事を摂って、たくさんトレーニングができる。朝起きてから夜寝るまで野球漬けの毎日を想像していたが、「そんなに甘くなかったです」と話す。高校時代とは違い、プロともなればメディア対応も仕事の一部。注目の“ドラ1”だけに取材数も必然と増えた。だが、それを言い訳にすることなく、「結局、最後は自分の意識次第。自分が時間を見つけて、やるべきことをして、本当に1日を無駄にしないで過ごすことが一番大事だと思います」と前向きな思考をできるのが、藤原が“超高校級”となった理由なのだろう。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」