野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【あの夏の記憶】全治1年の重症、それをひた隠しに… 鷹・高橋純平を襲った2015年夏の悲劇

今から4年前の2015年。全国の高校野球ファンから注目を一身に集めていた男がいた。県岐阜商の高橋純平投手。現在、ソフトバンクに在籍し、今季急成長を遂げている右腕である。当時は、最速150キロを超すストレートを武器に、世代ナンバー1投手の呼び声高く、ドラフト1位指名は確実、夏の甲子園での活躍を誰もが楽しみにしていた。

ソフトバンク・高橋純平【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・高橋純平【写真:荒川祐史】

注目を集めた夏の岐阜県大会では、ほとんど投げることなく準決勝で敗退

 今から4年前の2015年。全国の高校野球ファンから注目を一身に集めていた男がいた。県岐阜商の高橋純平投手。現在、ソフトバンクに在籍し、今季急成長を遂げている右腕である。当時は、最速150キロを超すストレートを武器に、世代ナンバー1投手の呼び声高く、ドラフト1位指名は確実、夏の甲子園での活躍を誰もが楽しみにしていた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 だが、3年の夏、高橋純平はほとんどマウンドに立つことなく姿を消した。マウンドに立ち、ボールを投げたのは、準々決勝の中京高校戦のみ。それも、わずか打者7人に対して投げただけだった。準決勝の斐太高校戦ではマウンドに立つことすらなく、姿を消した。

 左太もも裏に負った肉離れがその原因だった。当時は全治3週間とされていたものの、実際のところは、本来であれば、投げることすらままならない重症だった。一体、あの夏、日本中の注目を集めていた高橋に何が起きていたのか。今、その真実が明かされる。

 その年の春のセンバツでセンセーショナルな活躍を見せ、一気にその注目度を高めた高橋純平。最後の夏に向けても順調に調整を進めていただが、岐阜県大会の開幕直前に悲劇に襲われた。

「7月4日でした」

 日付も鮮明に覚えている。そして、その瞬間もハッキリと脳裏に焼き付いている。その瞬間、18歳にとっての最後の夏が“悪夢”となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」