野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

都市対抗野球 ドラ1候補JR東日本・太田、6回途中無四球1失点に名将称賛「100点」

今秋のドラフト1位候補・JR東日本(東京都)の太田龍投手が19日、第90回都市対抗野球大会の2回戦・ヤマハ戦(浜松市)に先発し、6回途中、5安打1失点と力投。チームは7-1で勝利した。先取点を奪われたが、7回に味方打線がつながり、その後、逆転。「調子は悪くなかったです。緩急もうまく使えましたし、チームが勝ってよかったです」と名門対決に勝利し、安堵の表情をにじませた。

JR東日本・太田龍【写真:編集部】
JR東日本・太田龍【写真:編集部】

最速153キロ右腕 試合は投手戦から最後は7-1で勝利

 今秋のドラフト1位候補・JR東日本(東京都)の太田龍投手が19日、第90回都市対抗野球大会の2回戦・ヤマハ戦(浜松市)に先発し、6回途中5安打1失点と力投。チームは7-1で勝利した。先取点を奪われたが、7回に味方打線がつながり、その後、逆転勝ち。「調子は悪くなかったです。緩急もうまく使えましたし、チームが勝ってよかったです」と名門対決に勝利し、安堵の表情をにじませた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 ヤマハの先発右腕・ナテルとの投げ合い。太田が高いポテンシャルを見せたのは4回2死一、二塁だった。7番の三浦に対し、三振がほしい場面。追い込んだ後に勝負にいったチェンジアップが高めに抜け、空振りを奪えずファウルになったが、「そういう練習をしてきたので自信がありました。完璧だったと思います」と狙いすまして、再びチェンジアップで今度は空振り三振に仕留めてピンチを脱出。修正能力の高さを見せた。

 都市対抗野球では初の先発マウンド。「観客の数がすごいので、声援に押された感じはありました」と最初は戸惑ったが、力に変えての投球。堀井哲也監督は「太田は四球がなかった。100点だった」とエース右腕をたたえていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」