野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

小林雅英氏が語る“女イチロー”三浦伊織の凄み「テニスの打ち方に近い」

ロッテでクローザーとして活躍し、05年にはセーブ王に輝いてチームの日本一にも貢献し「幕張の防波堤」の異名を取った小林雅英氏。昨シーズンまでロッテで1軍投手コーチを務め、今シーズンは日本女子プロ野球リーグで投手総合コーチに就任した。女子野球の普及に力を入れている小林氏に、女子プロ野球の魅力や注目の選手、今後の課題などを聞いた。

日本女子プロ野球リーグで投手総合コーチを務める小林雅英氏【写真:荒川祐史】
日本女子プロ野球リーグで投手総合コーチを務める小林雅英氏【写真:荒川祐史】

投手総合コーチの小林氏が見た女子野球の魅力とは…

 ロッテでクローザーとして活躍し、05年にはセーブ王に輝いてチームの日本一にも貢献し「幕張の防波堤」の異名を取った小林雅英氏。昨シーズンまでロッテで1軍投手コーチを務め、今シーズンは日本女子プロ野球リーグで投手総合コーチに就任した。女子野球の普及に力を入れている小林氏に、女子プロ野球の魅力や注目の選手、今後の課題などを聞いた。

 小林氏は女子プロ野球を初めて見た時、泥だらけになり一生懸命にプレーする選手の姿に、久しぶりに1試合にかける思いを味わったという。女子プロ野球は男性に比べ力強さは劣るものの、スピード感や女性特有のハンドリングの柔らかさがあり、しっかりとした野球が行えていると感じており、初めて観戦する人でも楽しめるのではないかと話す。

 選手たちの中に一目を置く打者もいる。高校でテニスのインターハイに出場した経験を持つ“女イチロー”こと三浦伊織外野手(京都フローラ)だ。

「来たボールに対してバットコントロールがすごく上手い。テニスの打ち方に近く、バットを面で使えます。左バッターなので、フォアハンドに近い状態で、来たボールを上手く面でとらえて狙って打っています。本人は(打率).500を目指しているそうですが.380は打てますね」

 日本はワールドカップで6連覇中だが、三浦も日本代表として4度ワールドカップに出場している。ただ、その事実はあまり知られていない。小林氏は女子野球の普及のためには、男女ともにオリンピックの正式種目になってくれたらと考えている。

「海外では日本のようにチームを作っているところはなく、アメリカではソフトボールのほうが比重が大きい。世界では日本以上に女子野球は発展途上です。野球は東京五輪の次のパリ五輪では除外されてしまいましたが、男女ともに五輪で正式種目になり、そういうところから広がりを見せてくれたらと思っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」