野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャーで“珍事”、複雑すぎる選手交代の確認で試合が20分中断「ぐちゃぐちゃ」

メジャーで“珍事”、複雑すぎる選手交代の確認で試合が20分中断「ぐちゃぐちゃ」

24日(日本時間25日)に行われたレイズ-レッドソックス戦で、投手交代の確認のために試合が20分間も中断するというハプニングがあった。MLB公式サイトは「誰が一塁に? レイズの交代により、レッドソックスが抗議」とのタイトルで報じている。

レイズのアダム・コラレック【写真:AP】
レイズのアダム・コラレック【写真:AP】

「オープナー」の生みの親のレイズの選手交代に…敵将は混乱「説明が難しい」

■レイズ 3-2 Rソックス(日本時間25日・タンパ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 24日(日本時間25日)に行われたレイズ-レッドソックス戦で、投手交代の確認のために試合が20分間も中断するというハプニングがあった。MLB公式サイトは「誰が一塁に? レイズの交代により、レッドソックスが抗議」とのタイトルで報じている。

 まさかの“事件”は8回に起きた。8回、1点をリードするレイズは先発チャーリー・モートンに代えてアダム・コラレックを投入。左腕がトラビスを一飛に仕留めると、レイズのケビン・キャッシュ監督は右腕チャズ・ローを投入し、コラレックを一塁の守備につかせた。そして、ローがベッツを左飛に打ち取ると、コラレックは左打者のデバースと対戦するため再びマウンドに上がり、ネイト・ロウが一塁の守備に。ここでレッドソックスのコーラ監督がベンチから出てきて、試合が中断した。

 MLB公式サイトは「アダム・コラレックは、フィールドで話し合いが行われている間、マウンドに立ち困惑していた。彼は20分間で3度ウォームアップをし、審判からの指示を待っていた」とその時の状況をレポート。記事によると、レイズは最後の交代でDHのメドウズに代わってコラレックを3番に入れたことでDHを放棄したが、コーラ監督は説明を求めたという。

 コーラ監督は試合後もまだ混乱していたようで、地元メディアの取材に「いろんなことが起こっていた。チャーリー(・モートン)と左腕(コラレック)が交代し、ローがチェと交代した。その時点ではDHを維持していた。投手、一塁手、マウンドにも投手、まだDHを維持していた。説明するのが難しい」と回答。さらに「ルール違反の交代があったと思った。その時点でぐちゃぐちゃだった。抗議したよ」と話したという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」