野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

世界一の球団を目指すホークス、影で支える“裏方”の存在【パお仕事名鑑Vol.1】

グラウンドの上で輝く選手やチームを支えているのはどんな人たちなのか。パ・リーグで働く全ての人を応援する、パシフィック・リーグオフィシャルスポンサーのパーソルグループと、パ・リーグインサイトがお届けする「パーソル パ・リーグTVお仕事名鑑」で、パ・リーグに関わるお仕事をされている方、そしてその仕事の魅力を紹介していきます。

ソフトバンクの球団統括本部、チーム戦略室に所属する須山晃次さん【写真:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンクの球団統括本部、チーム戦略室に所属する須山晃次さん【写真:パーソル パ・リーグTV】

チームを強くするための意外な仕事とは

 グラウンドの上で輝く選手やチームを支えているのはどんな人たちなのか。パ・リーグで働く全ての人を応援する、パシフィック・リーグオフィシャルスポンサーのパーソルグループと、パ・リーグインサイトがお届けする「パーソル パ・リーグTVお仕事名鑑」で、パ・リーグに関わるお仕事をされている方、そしてその仕事の魅力を紹介していきます。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ホークス=強い。それは積み上げた実績でもあり、ファンのイメージでもあるだろう。その強さの要因を須山さんは「現状維持を良しとしないこと」だという。これは選手たちだけではない。事業に関わる球団職員やスタッフも考え方は同じ。その中で球団統括本部、チーム戦略室に所属する須山晃次さんの仕事は「強化」。まさに現状維持ではなく「今よりもっと強く」を目指す仕事だが、須山さんの担当は実に幅広い。

「球団統括本部には、スカウトや育成などを担当する『編成育成本部』、遠征の移動や事業側との連携などチームオペレーション全般を担う『チーム運営部』、そして私が担当する『チーム戦略室』等の組織があります。今後どのようにチームを強くしていくかにフォーカスした部署で、具体的には、まず、選手、チーム、スカウト、メディカル、コンディショニングなどの情報管理システムの運用、改善。またMLBや他のスポーツなどで使われている新しいシステムの調査、導入の決定。それからスコアラーやトレーナーの編成といった人事的なことも担います」

 強化というと練習やスカウトと考えがちなので、こうした仕事が強化の一環であることは意外かもしれない。しかし、例えばデータやシステムを活用、整備していくことで怪我を未然に防ぐことは、そのままチームの力になる。特に、今季のホークスにとっては火急の課題でもあるだろう。

「実は、福岡ソフトバンクホークスに入る前からミッションと感じていました。データをどうやってさらに活用していくか。遅れを取っているというよりも、インフラは揃っているので、どこもまだやっていないことをやれるし、やりたい。もっと深掘りしていける」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」