野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 国学院久我山が甲子園初勝利! 2度のリード許すも7回2死から5連打逆転

国学院久我山が甲子園初勝利! 2度のリード許すも7回2死から5連打逆転

第101回全国高校野球選手権大会の3日目が8日、甲子園で行われ、第3試合は28年ぶり3回目の出場となった国学院久我山が7-5で4年連続5回目の出場となった前橋育英に勝利し、甲子園初勝利を挙げた。

第3試合は、国学院久我山が前橋育英を7-5で下し甲子園初勝利
第3試合は、国学院久我山が前橋育英を7-5で下し甲子園初勝利

前橋育英は9安打も、2度のリード生かせず敗れる

 第101回全国高校野球選手権大会の3日目が8日、甲子園で行われ、第3試合は28年ぶり3回目の出場となった国学院久我山が7-5で4年連続5回目の出場となった前橋育英に勝利し、甲子園初勝利を挙げた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 国学院久我山は2点を先制されるも、3回に岡田のタイムリー、神山の犠飛で試合を降り出しに戻す。さらに2点リードを許して迎えた7回。2死走者なしから怒涛の5連打で一挙3得点。勝ち越しに成功した。

 エースの高下は9安打を浴びながらも、粘りの投球で完投。嬉しい甲子園初勝利を挙げた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」