野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテドラ3小島、5度目の挑戦で待望の初勝利! 「ここまで初勝利がかかってしまった」

ロッテのドラフト3位ルーキー・小島和哉投手が14日、日本ハム戦(東京ドーム)で今季、5度目の先発で待望のプロ初勝利を挙げた。走者を出しながらも要所を抑え6回4安打1失点、自己最多114球の力投だった。

ロッテ・小島和哉【写真:荒川祐史】
ロッテ・小島和哉【写真:荒川祐史】

6回4安打1失点の好投でプロ初勝利を挙げたドラ3小島

■ロッテ 9-4 日本ハム(14日・東京ドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ロッテのドラフト3位ルーキー・小島和哉投手が14日、日本ハム戦(東京ドーム)で今季、5度目の先発で待望のプロ初勝利を挙げた。走者を出しながらも要所を抑え6回4安打1失点、自己最多114球の力投だった。

「初回から点を取っていただいたので、投げやすい状況を作って貰えた」。しかし「リズムが悪く、球数が多くなってしまった」と反省していたこの日の立ち上がり。1安打2四球で、二死満塁のピンチを招く。

 プロ初登板となった4月4日の西武戦でも、初回に一死満塁のピンチを招き、大量失点を喫した。だが、この日は「左打者をしっかり押さえる」という、明確なテーマをしっかり実践し、粘りの投球で、王柏融を遊飛に打ち取り、初回のピンチを切り抜けた。

 6回には清水の適時打で1点を返されたものの、その後も粘りを見せ、最少失点に抑えた。「(自分は)球速はないですけど、まっすぐで右バッターのインコースを攻められたり出来た。そこが良かったことで、チェンジアップや他の球種を活かすことができたと思う」と、自身の粘りを分析していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」