野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鈴木が初タイトルなるか? ビシエド、糸井の経験者か? どうなるセの首位打者争い

いよいよ今季の各部門タイトル争いも佳境に入ってきた。この時点でのセ・リーグの首位打者争いを見ていこう。

中日・ビシエド、広島・鈴木誠也、阪神・糸井嘉男(左から)【写真:荒川祐史】
中日・ビシエド、広島・鈴木誠也、阪神・糸井嘉男(左から)【写真:荒川祐史】

糸井が獲得すれば最高齢首位打者&史上3人目の両リーグ首位打者

 いよいよ今季の各部門タイトル争いも佳境に入ってきた。この時点でのセ・リーグの首位打者争いを見ていこう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

【セ・リーグ】 8月27日時点での打率5傑

1鈴木誠也(広)420打数142安打 打率.338(.407)
2ビシエド(中)443打数142安打 打率.321(.388)
3糸井嘉男(神)382打数120安打 打率.314(.433)
4大島洋平(中)453打数141安打 打率.311(.302)
5高橋周平(中)335打数104安打 打率.310(.226)

()は8月の月間打率

 鈴木が1位をキープ。2位にビシエドがつけている。ともに月間打率は4割前後と高い。ビシエドは昨年の首位打者で経験も豊富。25歳と若い鈴木を追い詰める可能性もあるが、3位の糸井が上位2人を上回る元気さだ。

 糸井はオリックス時代の2014年に首位打者を獲得している。また、糸井の打数は鈴木やビシエドよりも40~60も少ない。1安打当たりの打率の上り幅が大きく、ここからの追撃は十分に可能だろう。

 4位の大島は今月に入って打率を落としている。同僚の高橋は長く打率1位をキープしてきたが、7月16日の阪神戦で「右小指橈側側副靭帯断裂」の重傷。8月16日に復帰するまで1カ月間戦線離脱した。かろうじて規定打席はキープしているものの、調子は戻ってきていない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」