野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

シーズンも残り1か月 去就も気になる各球団ベテラン選手の今季と現在地

プロ野球のペナントレースは終盤戦に差し掛かり、残り試合も30試合を切った。リーグの頂点を巡る戦いもいよいよクライマックスを迎え、各球団がラストスパートをかけていく。

中日・山井大介(左)、阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】
中日・山井大介(左)、阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】

阪神福留、中日山井、巨人阿部は40歳を超えても1軍でプレー

 プロ野球のペナントレースは終盤戦に差し掛かり、残り試合も30試合を切った。リーグの頂点を巡る戦いもいよいよクライマックスを迎え、各球団がラストスパートをかけていく。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2019年のシーズンが終わるまでは残り1か月ほど。ペナントの行方とともにファンにとって気になる関心事の1つとなるのが、贔屓のチームに在籍するベテランたちの去就だろう。

 既にロッテの福浦和也内野手、日本ハムの田中賢介内野手は今季限りでの現役引退を表明している。そこで、ここでは各球団のベテラン選手たちの今季ここまでの成績を振り返り、現在地を探ってみよう。

【1975年世代】
福浦和也(ロッテ)43歳
1軍:出場なし
2軍:11試合10打数3安打0本塁打3打点 .300

【1977年世代】
福留孝介(阪神)42歳
1軍:82試合277打数71安打8本塁打38打点 .256

【1978年世代】
山井大介(中日)41歳
1軍:12試合3勝5敗0セーブ0ホールド 防4.84
阿部慎之助(巨人)40歳
1軍:73試合114打数34安打5本塁打23打点 .298

 今季での引退を決断している43歳の福浦は今季1軍出場はまだなし。2軍打撃コーチも兼務しており、2軍でも11試合の出場にとどまっている。一方で42歳の福留は阪神でレギュラーとして活躍。打率は.256ながら勝負強い打撃は健在。球界最年長投手となった中日の山井は先発で12試合に登板。救援陣が打たれて白星を逃すなどの不運もありながら、3勝を挙げており老け込んではいない。巨人の阿部も代打出場などが多いながら、打率.298をマークし、さすがの成績を残している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」