野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、菊池に痛感させた円熟味 「3球種を上手く」指揮官も褒めた配球の妙

田中将大、菊池に痛感させた円熟味 「3球種を上手く」指揮官も褒めた配球の妙

ヤンキースの田中将大投手は27日(日本時間28日)、敵地マリナーズ戦で7回3安打無失点7奪三振1四球と好投し、今季10勝目(7敗)を挙げた。菊池雄星投手との初の投げ合いに“快勝”し、日本投手初のメジャー6年連続2桁勝利を達成。直球とスライダー、スプリットの3球種を絶妙に配した投球で相手を手玉に取った。

今季10勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
今季10勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

田中は7回3安打無失点の好投で日本人初の6年連続2桁勝利を達成

■ヤンキース 7-0 マリナーズ(日本時間28日・シアトル)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は27日(日本時間28日)、敵地マリナーズ戦で7回3安打無失点7奪三振1四球と好投し、今季10勝目(7敗)を挙げた。菊池雄星投手との初の投げ合いに“快勝”し、日本投手初のメジャー6年連続2桁勝利を達成。直球とスライダー、スプリットの3球種を絶妙に配した投球で相手を手玉に取った。

 初回、2番主砲のジャッジが菊池の初球を中堅バックスクリーンにぶち当てる自己通算100号の先制2ランを見舞うと、3回には5番ガードナーが右翼へ3ランを放った。序盤で5点の援護をもらった田中は「リズムに乗っていくことができました」。力みのないフォームから繰り出すスライダー、スプリットが切れ「序盤から効果的に使えていた」と振り返った。

 ヤ軍のブーン監督は、直球を加えた「3球種を上手く配した」と、この日の快投の核心を突くと、田中はそこを掘り下げた。

「(捕手の)ロマインがそこは引っ張ってくれた。もちろん、自分でもしっかりと考えを持って首を振って投げたり、サイン通り投げるにしても自分なりにしっかり意図を持って投げてはいたので。今日はそれが上手くいって良かったです」

 その“意図”は、2度迎えたピンチで際立ちを見せる。

 5回、先頭の4番シーガーに右翼線への二塁打で初安打を許し、1死二塁。この場面で一発長打を秘める6番ボーゲルバックと対峙した田中は、相手の心中を見透かしたような配球で攻めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」