野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】佐々木、奥川が別メニュー調整でどうなる日本の先発陣?

30日から韓国・機張(きじゃん)で「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)が開幕する。初の高校世界一を目指す侍ジャパンの初戦の相手はスペイン。注目の佐々木朗希投手が右手中指のマメ、奥川恭伸投手は夏の甲子園の疲労が癒えていない状態で見通しは不透明だ。しかし、日本の先発は2人だけではない。ハイレベルな先発候補たちが、チームを支える。

別メニューで調整を行った侍ジャパンU-18代表の星稜・奥川恭伸(左)と大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
別メニューで調整を行った侍ジャパンU-18代表の星稜・奥川恭伸(左)と大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

先発陣は津田学園・前、興南・宮城、創志学園・西が候補も全員でスクランブル態勢に

 30日から韓国・機張(きじゃん)で「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)が開幕する。初の高校世界一を目指す侍ジャパンの初戦の相手はスペイン。注目の佐々木朗希投手が右手中指のマメ、奥川恭伸投手は夏の甲子園の疲労が癒えていない状態で見通しは不透明だ。しかし、日本の先発は2人だけではない。ハイレベルな先発候補たちが、チームを支える。

甲子園中止の影響は…? 元U-18代表コーチが語る“冬の国際大会”の戦い方(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 前佑囲斗投手は前日練習でブルペンに入り。捕手・山瀬のミットに力強い球を投げ込んでいた。前の特長はスピンの効いたうなるようなストレート。憧れの存在が藤川球児(阪神)と話すように球のキレは佐々木や奥川にだって負けてはいない。最速152キロの直球にスライダー、カーブ、カット、ツーシーム、フォークを操る。

「夏の甲子園では力を出し切れなかったので、しっかりと世界に通用するピッチングをしたいと思います。もう自分はやるだけだと思っています」

 状態は日に日に良くなっており、ボール自体への手応えも感じている。26日の大学壮行試合では登板がなく「悔しい思いをした」。一方で首脳陣サイドとすれば、まだ、前の対打者への投球をしっかり見ていないため、登板試合で好投すれば、次の先発機会へと広がっていく。大きなチャンスをつかみに行く。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」