野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武栗山が球団安打記録更新! 入団18年目で成し遂げた偉業をデータで振り返る

西武栗山が球団安打記録更新! 入団18年目で成し遂げた偉業をデータで振り返る

西武の栗山巧外野手が、「5番・DH」で出場した8月31日のソフトバンク戦(メットライフドーム)で通算1807本目の安打を放ち、石毛宏典氏が保持していた球団の最多安打記録を更新した。西武一筋18年目のベテランが打ち立てた金字塔を記念して、栗山がこれまで放ってきた安打の数々を、データの側面から振り返る。

西武・栗山巧【写真:荒川祐史】
西武・栗山巧【写真:荒川祐史】

“全盛期”に任された2番打者で全安打の1/3以上をマーク

 西武の栗山巧外野手が、「5番・DH」で出場した8月31日のソフトバンク戦(メットライフドーム)で通算1807本目の安打を放ち、石毛宏典氏が保持していた球団の最多安打記録を更新した。西武一筋18年目のベテランが打ち立てた金字塔を記念して、栗山がこれまで放ってきた安打の数々を、データの側面から振り返る。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 まずは、栗山が放った安打の内訳を打順ごとに見てみる。先発出場した際の安打数は下記の通りだ。

1番:350本
2番:665本
3番:335本
4番:6本
5番:135本
6番:127本
7番:134本
8番:10本
9番:10本

 最多安打のタイトルを獲得した2008年から4年間務めた2番としての数字が最多。665本と実に全安打の1/3以上を稼ぎ出している。次に多いのが1番で350本。僅差で続くのが335本の3番。20代中盤から後半にかけての脂の乗った時期に多くの打席を経験した打順が上位を占める。

 栗山は全打順で先発出場を経験している。ただ、4番打者としては8試合で6安打と、打順別では最も少ない数字に。8番と9番でも10本ずつだが、ベテランの域に差し掛かってから任されることが増えた5、6、7番では堅実に安打を積み重ねており、若き日とはまた違った形でチームに貢献し続けている。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」