野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18W杯】3連勝の日本、米国戦で「一番良かった投手」は? 専門家は世界一へ課題も指摘

韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)で、侍ジャパン高校代表は開幕から唯一の3連勝を飾った。1日には4連覇中の米国を相手に16-7で勝利。王者のW杯での連勝を「18」で止めた。

米国戦で5奪三振と好投した侍U-18代表の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】
米国戦で5奪三振と好投した侍U-18代表の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

野球解説者の野口寿浩氏が指摘、西は「韓国相手にもいい投球をするのではないか」

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

「今回の大会の経験を糧に」―侍ジャパンU-18代表、5位で終えたW杯で手にしたもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)で、侍ジャパン高校代表は開幕から唯一の3連勝を飾った。1日には4連覇中の米国を相手に16-7で勝利。王者のW杯での連勝を「18」で止めた。

 相手投手陣が10四死球を出したこともあり、打線が12安打で16点を奪取。投手陣は、林(近江)、西(創志学園)、前(津田学園)、飯塚(習志野)、宮城(興南)とつなぎ、一時は10点差から4点差まで迫られながらも逃げ切りに成功した。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季までヤクルトで2年間バッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は西、石川(東邦)らの活躍、各選手の木製バットへの対応を評価しつつ、世界一へ向けてミスを減らすことを求めた。

 初回に1点ずつを奪って迎えた3回、日本は相手の打順が一巡したところで先発・林から西にスイッチ。ドラフト1位候補と評される高校球界屈指の右腕は1死から左前打を浴びたものの、後続を断って無失点に抑えた。気迫のこもった投球に打線が応え、その裏に一挙5得点。さらに、西が4回を3者連続三振に抑えると、その裏に再び5点を奪い、大きなリードを奪った。

 西は3イニング目の5回に雨の影響などもあって2点を失ったが、3、4回は米国打線を圧倒。速球と鋭く落ちるフォーク、緩急をつけられるスライダーを交えて好投し、チームに流れを呼び込んだ。野口氏は西の能力を高く評価し、「あのピッチングスタイルが米国には通用する」と振り返った。

「球が速くて、落ちる球があって、適当に緩急がつけられる。メジャーリーグの世界でもそうですし、高校生のカテゴリーでもそうですが、米国にはああいうピッチングスタイルが通用するのだな、というのをあらためて感じました。ドラ1候補と言われだけのピッチャーなので、どこにでも通用するのでしょうが、米国に投げたピッチャーの中で一番良かった。フォークのいいピッチャーは対米国にはすごくいい。米国に近い野球をする韓国にもすごくいい投球をするのではないかと思います」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」