野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

打ちまくった西武森、孤軍奮闘のハム有原 セイバー目線で選出、8月の月間MVP【パ編】

9月1日終了時点で1位から6位までのゲーム差が9.5。近年まれにみる混戦状態となっているパ・リーグの8月順位表は以下の通りです(OPS=出塁率+長打率)。

西武・森友哉【写真:荒川祐史】
西武・森友哉【写真:荒川祐史】

森は文句なし あらゆる指標で突出した数字をマーク

 9月1日終了時点で1位から6位までのゲーム差が9.5。近年まれにみる混戦状態となっているパ・リーグの8月順位表は以下の通りです(OPS=出塁率+長打率)。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

西武 17勝10敗 打率.299 OPS.882 本塁打47 援護率7.55 先発防御率6.34 QS率33.3% 救援防御率4.42

オリックス 14勝9敗 打率.289 OPS.771 本塁打18 援護率5.11 先発防御率4.77 QS率34.8% 救援防御率3.35

ソフトバンク 12勝11敗 打率.270 OPS.750 本塁打27 援護率4.12 先発防御率4.60 QS率30.4% 救援防御率4.00

楽天 13勝12敗 打率.262 OPS.738 本塁打25 援護率4.93 先発防御率4.64 QS率40.7% 救援防御率2.41

ロッテ 14勝13敗 打率.262 OPS.734 本塁打26 援護率4.58 先発防御率2.72 QS率50.0% 救援防御率4.79

日本ハム 5勝20敗 打率.235 OPS.650 本塁打17 援護率3.11 先発防御率4.82 QS率19.2% 救援防御率3.83

 8月だけのデータで振り返ると、極端な数値のオンパレードとなっています。8月の首位は西武ですが、1試合平均得点6.37、平均失点6という大味な展開でした。月間得点は172、失点が162。どちらも160を超えるのはプロ野球史上初めてのことです。

 月間打率.299、本塁打47と山賊打線が猛威をふるう一方、先発防御率6.34と序盤の失点も多く、両チーム合わせて10点以上の試合が27試合中17試合もありました。オリックスに8-20で大敗(15日)しながらも、次の試合でソフトバンクに13-8でに大勝(17日)するという展開は印象的でした。そんな中、7つの貯金をつくって首位ソフトバンクに肉薄しています。

 西武の陰に隠れた形ですが、オリックスの月間チーム打率も.289とかなり高い水準でした。これまでは毎月援護率が防御率を下回っていたのですが、8月はようやく上回りました。8月は打高投低になりがちですが、ロッテの先発防護率と楽天の救援防御率が2点台と健闘しました。

 月間5勝に終わった日本ハムは、先発投手が6回以上投げて自責点3以内に抑えると記録されるクオリティスタート(QS)の割合が19.2%と低水準でした。堀瑞輝のオープナー起用の影響もあったのかもしれませんが、先発が5回未満で降板するケースが26試合中15試合もありました。さらに、援護率がリーグで唯一の3点台と打線も低迷しました。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」