野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 年俸22.5億円の“不良債権化”外野手は「制限ないトレーニングに…」 ヤ軍負傷者の現状

年俸22.5億円の“不良債権化”外野手は「制限ないトレーニングに…」 ヤ軍負傷者の現状

今季92勝49敗の勝率.652を誇り、ア・リーグ東地区首位を独走するヤンキース。前半戦から負傷者が続出しながら、圧倒的な強さを見せてきた。エース右腕のルイス・セベリーノ投手、大砲のジャンカルロ・スタントン外野手がプレーオフ前に戻ってくると見られている一方、今季中の復帰が絶望視されている選手もいる。“不良債権化”が指摘されているジャコビー・エルズベリー外野手もその一人で、MLB公式サイトは「エルズベリーはウエイトルームでの制限がないトレーニングへと移行しようとしている段階」と伝えている。

ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】
ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】

負傷者続出も圧倒的強さ見せるヤンキース、エルズベリーは「9月には野球に直接関連した活動を再開」

 今季92勝49敗の勝率.652を誇り、ア・リーグ東地区首位を独走するヤンキース。前半戦から負傷者が続出しながら、圧倒的な強さを見せてきた。エース右腕のルイス・セベリーノ投手、大砲のジャンカルロ・スタントン外野手がプレーオフ前に戻ってくると見られている一方、今季中の復帰が絶望視されている選手もいる。“不良債権化”が指摘されているジャコビー・エルズベリー外野手もその一人で、MLB公式サイトは「エルズベリーはウエイトルームでの制限がないトレーニングへと移行しようとしている段階」と伝えている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 35歳のエルズベリーはレッドソックス時代の2011年に打率.321、212安打、32本塁打、39盗塁と躍動し、ア・リーグMVPの投票ではバーランダーに次いで2位に入った。さらに、2013年には打率.298、9本塁打でリーグトップの52盗塁を記録し、不動の1番打者としてワールドシリーズ制覇に大きく貢献。同年オフにFAとなり、7年総額1億5300万ドル(約163億円)の超大型契約でライバルのヤンキースへ移籍した。

 ただ、その後は負傷もあって徐々に成績を落とし、昨季はメジャー出場ゼロ。年俸2114万ドル(約22億5000万円)の今季は左臀部の手術の影響で開幕から負傷者リスト(IL)入りし、いまだに復帰できていない。そして、このままシーズンを終えそうだ。

 MLB公式サイトが「故障者リスト入り中のヤンキース選手全員の復帰予定」とのタイトルで掲載した特集の中には当然、エルズベリーも登場。復帰見込みは「2020年」とされている。記事では「度重なる怪我のため、エルズベリーは2017年の10月以降メジャーリーグでプレーしていない。最も知られているものとして、昨年8月に受けた左臀部の手術だ」と説明。そして、「エルズベリーはウェイトルームでの制限が無いトレーニングへと移行しようとしている段階で、9月には野球に直接関連した活動を再開できると、ブーン監督は語った。彼は今季プレーすることは予想されていないけれどもだ」と皮肉交じりに伝えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」