野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】飯塚、世界で掴んだ手応え 佐々木や奥川は「一緒に過ごしたら同じ人間でした」

韓国・機張(きじゃん)で行われていた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)で野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はスーパーラウンド2勝3敗の成績で5位に終わった。その中で存在感を示したのは選抜準優勝右腕の飯塚脩人投手(習志野)だった。スペイン、米国、カナダ、韓国の4試合に投げ、6イニング無失点の好投。リリーフエースとして侍ジャパンを支えた。国際試合での精神力の強さを見せた。

報道陣からの挨拶に安堵「あ、日本語だー!って(笑)」

 宿舎では投手陣で過ごす時間が多かった。ゆっくり会話ができた。

U-18代表で主将を襲名 福岡ソフトバンク捕手が「1球の重要さ」を学んだ侍ジャパン(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「佐々木や奥川とは会う前は本当に人間なのかと思っていました。一緒に過ごしたら同じ人間でしたね。気さくに話しかけてくれましたし、みんなが笑う時に一緒に笑ったり、楽しかった。この中のメンバーはプロに大半が進みますが、僕のこれからは未定ですが、野球を続けていく上ではいい刺激になっていくと思います」

 日本代表は9日に帰国の途につく。飯塚はこの大会で高校野球は引退となる。帰国後は習志野の監督や家族への挨拶、これまでの感謝を伝えたいという。

「今まで本当にありがとうございました、と言いたいです。あと、早く日本語が見たいです。ペットボトルひとつとっても韓国語で……。球場入りするとき記者の皆さんから『おはようございます』と言ってもらえるとき、ホッとしていたんです。あ、日本語だー!って(笑)。なので、チームメートと話すことは大事な時間でした」

 最強投手陣と言われるほど、好投手が多かった今回のチーム。渡韓前は自分はチームの「盛り上げ役でいい」と佐々木や奥川らの“引き立て役”になることを誓っていたが、終わってみれば、好成績を残した投手の一人だった。150キロを超える直球は世界の強豪に通用した。プロからも高い評価を得ているが、大学に進学する予定。W杯で確かな手応えを持って、飯塚は次のステージへと向かう。

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」