野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

燕・館山、1000奪三振まで残り2も「興味ない」 畠山、最後の打席は「全力で」…一問一答

ヤクルトは13日、今季限りでの現役引退を決断している館山昌平投手と畠山和洋内野手の引退会見を都内で行った。会見後には囲み取材が行われ、会見で伝えきれなかったさまざまな思いが明かされた。

つば九郎から花束を受け取るヤクルト館山昌平(左)と畠山和洋(中央)【写真:編集部】
つば九郎から花束を受け取るヤクルト館山昌平(左)と畠山和洋(中央)【写真:編集部】

会見後の囲み取材でも“秘話”が続々…9度の手術も「同じ野球人生を」、引退試合は「ヘッドスライディングで」

 ヤクルトは13日、今季限りでの現役引退を決断している館山昌平投手と畠山和洋内野手の引退会見を都内で行った。会見後には囲み取材が行われ、会見で伝えきれなかったさまざまな思いが明かされた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

【引退会見】

――まずは引退に関する発表を。

畠山「本日は私の37回目の誕生日パーティーにご出席いただきありがとうございます(笑)。今シーズンで現役生活から引退することを決意しましたことをご報告させていただきます、ありがとうございました」

館山「私、館山昌平は今シーズンを持ちまして現役を退くことをここにご報告させていただきます。これ、難しいですね。普段言わない言葉だから噛んじゃうな」

――引退を決意したのはなぜ?

畠山「今年1年、思ったようなパフォーマンスができなくて、かなり苦しい時期を過ごしましたが、やめると決めてからは逆にすっきりしたというか。本当に野球を楽しむことができている。本当に幸せな野球人生だった」

館山「正式に決めたのは今月に入ってからなんですが、それに向かって17年間悔いなく試合に向けて全力でやってきたので、後悔はない。その一点です」

――決意に至るまでにどのような変化があったのか

畠山「故障が原因です。去年を最低のパフォーマンスと考えた時、走ることは半分のパフォーマンスも出せない、走らないからパフォーマンスが上がらない。だからバッティングしようとしても故障繋がってしまうといった悪循環が続いていた。自分のパフォーマンスが全盛期に比べて明らかに落ちていたので、引き際というか、体の方がもう無理だと訴えかけてきていた。真摯に受け止めて、ユニホームを脱ごうと決意した」

館山「チームの力になれなかったこと。今季は2軍で先発させていただいて、1軍のチャンスは伺っていたのですが、力になれない時間の方が長く、身を引こうと決めました」

――いつごろから変化があったのか?

畠山「(春季)キャンプから下半身のコンディショニング不良で別メニュー調整が続き、自分の中ではオールスターまでに道が見えなければ今年で終わりなのかと思っていた。前半戦でそこまでに持っていけなかったのがすべて」

館山「常に1軍で投げることを目標にしてきた。なかなかチャンスを自分の力で取りに行けなかったのが退こうと思った理由ですが、たくさんの怪我もしましたし、そこからマウンドに戻って先発、中継ぎと色々経験した。今でも1軍でアウトを取ることはできるんですけれど、試合を支配して、チームを勝ちに導ける投球ができなくなってきたのが要因」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」