野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 自分の弱さ認め、手にした強さ…ノーノー達成した中日・大野雄大の覚悟と進化

自分の弱さ認め、手にした強さ…ノーノー達成した中日・大野雄大の覚悟と進化

重い、重いエースの称号をずっと背負いきれずにいた左腕の姿は、歓喜のナゴヤドームのマウンドには微塵もなかった。得たのは、まばゆいばかりの勲章。14日の阪神戦で、中日・大野雄大投手が史上81人目となるノーヒットノーランを達成した。3年連続2桁勝利を経験しながら、昨季は未勝利で大きく揺らいだ立場。迎えたプロ9年目、足元を見つめ直した先に偉業が舞い込んだ。

中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

史上81人目のノーヒットノーラン達成「今年投げている球はプロ人生の中でも一番」

■中日 3-0 阪神(14日・ナゴヤドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 重い、重いエースの称号をずっと背負いきれずにいた左腕の姿は、歓喜のナゴヤドームのマウンドには微塵もなかった。得たのは、まばゆいばかりの勲章。14日の阪神戦で、中日・大野雄大投手が史上81人目となるノーヒットノーランを達成した。3年連続2桁勝利を経験しながら、昨季は未勝利で大きく揺らいだ立場。迎えたプロ9年目、足元を見つめ直した先に偉業が舞い込んだ。

 無邪気な少年のようにぴょんぴょんと飛び跳ねる様は、自他ともに認める「竜の宴会部長」らしい。積み重ねた27個のアウト。許した走者は、失策と四球による2人だけ。最終盤でも、代名詞の速球は150キロを計測。CS進出に向け瀬戸際の戦いを続けるチームを、大記録で加勢した。

 自身も驚いた偉業だが、今季ミットに投げ込まれる球を見ていれば、少しは予想できたかもしれない。夏前、ナゴヤ球場での練習後に大野はふと言った。「今年投げている球は、今までのプロ人生の中でも一番いいくらい」。直球は球速以上の威力で、投球を見た同僚投手たちからも「えっぐい」と感嘆の声が上がるほどだった。

 2013年から3年連続で2桁勝利し、周囲から「エース」と呼ばれた。そう自覚もしたつもりだった。だが、その3年で自らが作った貯金はわずかに3つ。絶対的な立場は築けず、続く16、17年はともに7勝止まり。そしてついに昨季は1軍登板わずか6試合。1試合しか登板しなかったルーキーイヤー以来の未勝利に終わった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」