野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー氏の英語スピーチに米ファン感動 絶賛の声続々「号泣している」

イチロー氏の英語スピーチに米ファン感動 絶賛の声続々「号泣している」

マリナーズは14日(日本時間15日)、球団に貢献し、大きな功績を残した人物に贈られる「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式を行い、会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏が表彰された。公の場ではほとんど聞くことのできないイチロー氏の英語での約5分間のスピーチにファンは感動。これまでのキャリアを称える声が続々と上がっている。

「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式で英語でスピーチしたイチロー氏【写真:AP】
「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式で英語でスピーチしたイチロー氏【写真:AP】

本拠地でのセレモニーで約5分間のスピーチ、ファンに感謝「受け入れてくれた」

 マリナーズは14日(日本時間15日)、球団に貢献し、大きな功績を残した人物に贈られる「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式を行い、会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏が表彰された。公の場ではほとんど聞くことのできないイチロー氏の英語での約5分間のスピーチにファンは感動。これまでのキャリアを称える声が続々と上がっている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 イチロー氏はすべて英語で行ったスピーチで「2001年に私がシアトルに来た時、それまで、日本から来た野手は誰もいませんでした。皆さんが見たのは、27歳の、小柄で、細い、無名の選手でした。皆さんが私を受け入れない理由は多くありました。しかし、大きな心で私を受け入れてくれました」とシアトルのファンに感謝。さらに、「私が知っている最も素晴らしい選手たちと共に、または、そのような選手たちを相手にプレーできたことは、大きな誇りです」と自身と同じメジャーリーガーへの敬意も示した。

 冒頭では「ディー(ゴードン)、雄星(菊池)、今夜は泣くなよ」とジョークを飛ばし、終盤では現役選手たちに「プロフェッショナル」の意味を解くなど、イチロー氏らしさも全開。最後は「Now, let’s play baseball!(それでは、野球を始めましょう!)」と締めくくり、ファンから喝采を浴びた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」