野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

アストライア、4番・泉が誕生日に涙のサヨナラ犠飛 「何が何でも自分が決める」

女子プロ野球は16日に、埼玉・川口市営球場で秋季リーグを行い、埼玉アストライアがサヨナラ勝ちで京都フローラを2-1で下した。

埼玉アストライア・泉由希菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・泉由希菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

同点の7回に1死満塁から、この日誕生日だった泉が中犠飛を放ち試合を決める

 女子プロ野球は16日に、埼玉・川口市営球場で秋季リーグを行い、埼玉アストライアがサヨナラ勝ちで京都フローラを2-1で下した。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 アストライアの先発は谷山莉奈。勝利をあげたい愛知ディオーネの先発は、前回9月3日の登板で粘りの投球を見せた笹沼菜奈。

 先制したのはアストライアだった。3回2死三塁の場面でワイルドピッチの間に1点を奪う。だが、なんとか秋季リーグ初勝利を掴みたいディオーネは4回に反撃。6番・榊原の右越二塁打でチャンスをつくると、7番・奥村が初球を叩き左中間を破るタイムリー二塁打で同点に追いつく。

 その後は両チーム決めてを欠き試合は最終回となる7回へ。アストライアは1死満塁のサヨナラのチャンスを作るとこの日が誕生日だった4番・泉が中犠飛を放ち試合を決めた。

 ファンからのハッピーバースデーコールの中、嬉し涙で勝利を喜んだ泉は「みんなが繋いでくれた打席。何が何でも自分が決める。そう思いながら打席に入りました! 綺麗なヒットではなかったけど、犠牲フライでサヨナラを決めることができました! これは、本当にみんなの力があったからこそファンの皆様のご声援があったからこそこのような結果になりました」と感謝の言葉を口にした。

 一方、ディオーネはこれで秋季リーグ7戦勝ちなしとなったが、この日もアストライアを上回る7安打を記録するなど白星を手に入れる日も近い。諦めずに次戦フローラ戦で本来の力を発揮してほしい。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」