野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

いつも一緒だった2人―ロッテ福浦和也の理解者サブローは「弟みたいな存在」

同じ高卒でプロ入り。年の差は1歳。だから一緒にいる時間が多かった。2016年に現役を引退したサブロー(大村三郎氏)と福浦和也内野手はいつも一緒にいた。寮生活をしていた頃はよくサブローの部屋に遊びに行った。福浦の部屋は当時の寮長の隣。だから、おのずとサブローの部屋に集まった。時にはサブローが留守でも部屋に入って、くつろいでいた。そういう仲だった。

ともに長年ロッテを牽引し続けたサブロー氏(左)と福浦和也【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ともに長年ロッテを牽引し続けたサブロー氏(左)と福浦和也【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

同じ高卒プロ入りで1歳違い、サブローは「弟みたいな存在。自分にとっては特別」

 同じ高卒でプロ入り。年の差は1歳。だから一緒にいる時間が多かった。2016年に現役を引退したサブロー(大村三郎氏)と福浦和也内野手はいつも一緒にいた。寮生活をしていた頃はよくサブローの部屋に遊びに行った。福浦の部屋は当時の寮長の隣。だから、おのずとサブローの部屋に集まった。時にはサブローが留守でも部屋に入って、くつろいでいた。そういう仲だった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「部屋では一緒にテレビを見ていたかなあ。お笑いなどのバラエティーとか。もう、弟みたいな存在。自分にとっては特別だった」

 だからこそ16年のサブローの引退試合は特別な想いで見守った。

「アイツの泣いている姿を見て、オレも涙腺が緩んだ。号泣したいぐらいだった」

 試合が終わり、セレモニーが始まると、直接、花束を渡した。肩に手を当てると「お疲れさん。ありがとう。サブはオレにとって兄弟だよ!」と話しかけた。そしてお互い、涙した。

「プロ入りして、嬉しい時も、辛い時も一緒だった。ファームでも一緒にいる時間も長かった。よく野球の話をしたなあ。打撃の話が中心だったけどね。フォームの話で、ああでもない、こうでもないってよく議論をぶつけあっていたよ」

 寮では食事を終えると2人で室内練習場に向かった。電気をつけ、交代交代に投手役を務めて打った。いつまでも打った。そしてフォームの改善点を繰り返し話し合った。

「ここをこうすればいいんちゃうかとか、ああしようとか。そういう話を室内で延々としていた。それはお互い1軍の選手になってからも続いた」とサブローは懐かしそうに振り返る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」