野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大船渡・佐々木朗希がプロ入り表明会見、一問一答 「自分の意志で」「まずは日本で」

今秋ドラフト1位候補で最速163キロの大船渡・佐々木朗希投手が2日、大船渡市内で進路表明の記者会見を行い「レベルの高いところでプレーしたいと思い志望届を出しました」と、正式にプロ入りを表明した。主な一問一答は以下の通り。

会見に臨んだ大船渡・佐々木朗希【写真:篠崎有理枝】
会見に臨んだ大船渡・佐々木朗希【写真:篠崎有理枝】

意中の球団については「12球団どこでも頑張りたい」

 今秋ドラフト1位候補で最速163キロの大船渡・佐々木朗希投手が2日、大船渡市内で進路表明の記者会見を行い「レベルの高いところでプレーしたいと思い志望届を出しました」と、正式にプロ入りを表明した。主な一問一答は以下の通り。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

――プロ志望届出した理由、いつ頃から考えていた?

「レベルの高いところでプレーしたいと思い志望届を出しました。強く思い始めたのは1年生の冬からです」

――プロではどういったプレーを見せたいか?

「自分のできることを精一杯やって全力プレーを見せられたら。子供たちに夢と希望を与えられる選手になりたいです」

――意中の球団は? すでに日本ハムが1位指名を公言しているが

「12球団どこでも頑張りたい。ありがたく思っている」

――地元を離れる決断でもあるが、地元への思いは?

「たくさんの方々に支えられて頑張れたので、恩返しできるようにプレーしたい」

――海外の選択肢は考えたことは?

「考えていなかった」

――プロ、メジャー憧れの選手は?

「いません」

――U-18では星稜の奥川投手と一緒にプレー、どんなことを感じた?

「レベルが高い中で経験して、自分の実力がまだまだと実感したこれからしっかり頑張りたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」