野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天の勝因は則本昂の“踏ん張り” 山崎武司氏が解説「心が折れなかったのが良かった」

楽天は5日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ初戦のソフトバンク戦に5-3で勝利した。リーグ3位からの“下剋上”へ、まずは1勝。打線が4本塁打でソフトバンクのエース千賀を攻略したが、野球解説者の山崎武司氏は勝因に先発・則本昂の“踏ん張り”を挙げた。

ソフトバンク戦に先発し6回3失点と粘投した楽天・則本昂大【写真:福谷佑介】
ソフトバンク戦に先発し6回3失点と粘投した楽天・則本昂大【写真:福谷佑介】

則本昂は2回までに3失点も立ち直る「3回以降は素晴らしいピッチングだった」

■楽天 5-3 ソフトバンク(CS・5日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天は5日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ初戦のソフトバンク戦に5-3で勝利した。リーグ3位からの“下剋上”へ、まずは1勝。打線が4本塁打でソフトバンクのエース千賀を攻略したが、野球解説者の山崎武司氏は勝因に先発・則本昂の“踏ん張り”を挙げた。

 楽天は初回に浅村が先制弾を放つも、その裏に則本昂が今宮に同点ソロを被弾。さらに、2回には内川に勝ち越し2ランを浴びた。ただ、エースはここで崩れず。打線が3回にオコエのソロ弾で1点を返すと、則本昂はその裏は2安打を浴びながら無失点。4回以降は3イニングを1安打5奪三振の快投でゲームを作り、逆転を呼び込んだ。

 山崎氏は楽天勝利のポイントとして「いつもであれば、則本昂があの3点で崩れるけど、今日は崩れなかった」ことを挙げ、「いい時の則本昂のピッチングができたんじゃないかなと思うね。ホームランもたくさん出たけど、あそこで則本昂が気持ちが切れず、心が折れなかったのが良かったよね」と称賛。さらに「今日は真っ直ぐが良かった。インコースでも空振りを取っていたし、自分の中で準備はできていたんじゃないかなと。スライダーも低めの空振りを取っていたから、3回以降は素晴らしいピッチングだった」と続けた。

 一方で、7回を投げ4被弾を含む7安打4四球7奪三振4失点という結果に終わった千賀については「ばらつきが今日はすごかった。それでも彼はエースだし、球界のトップクラスのピッチャーが悪くても……というところはあったけど。でも、今日は悪かった。ストライク取るのに四苦八苦していたから。悪いなりには頑張っていたけども、今年の13勝8敗という、8敗したという内容は出ていたよね。フォークもみんな見切っていたと思う。則本昂のほうが断然良かった」と指摘。「ホームランがバンバン出たわりに5点で収まったけど、予想に反した展開、試合だった」と振り返った。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」