野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ポイントは中村晃への四球」―山崎武司氏が楽天の“敗因”を解説「あれが痛かった」

楽天は6日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦でソフトバンクに4-6で競り負け、ファイナルステージ進出に逆王手をかけられた。中盤まではお互い点を取り合う展開となったが、4回に福田のソロ弾で勝ち越しを許すと、5回にはデスパイネの適時打で追加点を奪われ、競り負けた。

3回にソフトバンク・デスパイネに2ランを浴びた楽天・美馬学【写真:荒川祐史】
3回にソフトバンク・デスパイネに2ランを浴びた楽天・美馬学【写真:荒川祐史】

敗戦のポイントは美馬が中村晃に与えた四球「あれが痛かった」

■ソフトバンク 6-4 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

 楽天は6日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦でソフトバンクに4-6で競り負け、ファイナルステージ進出に逆王手をかけられた。中盤まではお互い点を取り合う展開となったが、4回に福田のソロ弾で勝ち越しを許すと、5回にはデスパイネの適時打で追加点を奪われ、競り負けた。

 両チームの差はどこにあったのか。楽天OBの野球解説者、山崎武司氏があげたのは、楽天1点リードで迎えた3回2死走者なしの場面で楽天先発・美馬が中村晃に与えたストレートの四球だ。続く柳田に適時二塁打を浴びた美馬は、デスパイネに2ランを浴びて3点を失った。

 山崎氏は「今日のポイントは中村の四球。美馬が2アウトから出して、柳田にタイムリーを打たれて、デスパイネに2ランを打たれた。あれが痛い。“ノー感じ”のフォアボールだった。デスパイネが打ったとか、流れとしてはそうなんだけど、やっぱり出していいフォアボールと出してはいけないフォアボールがあって、美馬は出してはいけないフォアボールを出してやられた。あそこでちゃんと勝負してヒットを打たれたならまだしょうがないけど、あれが痛かった」

 結局、楽天は4回に同点に追いついたものの、逆転はならず。4、5回と1点ずつを失い、敗れた。3回の3点が大きく響く形となってしまったが、山崎氏はこの敗戦は大きく響くものではないと分析する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」