野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAは劇的勝利も…専門家は投手起用に“疑問符”「野球にブレがないのは阪神の方」

DeNAは劇的勝利も…専門家は投手起用に“疑問符”「野球にブレがないのは阪神の方」

DeNAは6日、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)で劇的なサヨナラ勝ちを収め、1勝1敗のタイとした。8回から投入された守護神・山崎康晃投手が、イニング跨ぎとなった9回に福留孝介外野手に痛恨の同点被弾。しかし、その裏に乙坂智外野手の値千金のサヨナラ弾が飛び出し、踏みとどまった。

DeNA・ラミレス監督(左)、阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督(左)、阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】

9回に乙坂が劇的サヨナラ弾、1勝1敗としたが…「なぜ状態の上がってないパットンを使ったのか」

■DeNA 6-4 阪神(CS・6日・横浜)

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは6日、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)で劇的なサヨナラ勝ちを収め、1勝1敗のタイとした。8回から投入された守護神・山崎康晃投手が、イニング跨ぎとなった9回に福留孝介外野手に痛恨の同点被弾。しかし、その裏に乙坂智外野手の値千金のサヨナラ弾が飛び出し、踏みとどまった。

 ただ、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、DeNAの投手起用に“疑問符”をつける。乙坂の一発については「ラッキーボーイは大事な要素」としながら、継投策には問題があるとして、アレックス・ラミレス監督の采配には「選手に救われている部分がある」と指摘した。

 野口氏が最も疑問に感じたのは、1点リードで迎えた7回のパットンの起用だという。8月3日の巨人戦で1死も奪えず2失点で降板した際、ベンチで怒りを抑えきれず冷蔵庫を強打して、右手小指骨折で長期離脱していた助っ人右腕。この日、約2か月ぶりに出場選手登録されたパットンをラミレス監督は勝負どころで投入したものの、本調子とは程遠く、2安打1死球で降板。アウト1つは植田の盗塁死によるものだった。

 ここで登板したエスコバーが後続を断って無失点に抑えたものの、守護神の山崎が8回から登板する形に。2イニング目の9回2死までこぎつけながら、福留の同点ソロを浴びた。野口氏は言う。

「あそこでパットンを起用したことがよくありませんでした。パットンがどうこうというよりも、あれだけ状態の上がっていないパットンを投げさせたベンチがどうだったのかなと思います。それを分かっていて投げさせたのがどういうことなのか。例えば、同じ立場でパットンではなくて他の投手だったら、ぶっつけ本番で投げさせたのかなと感じました。

 そこでパットンを代えないといけなくなった。そして、投入したエスコバーも前日にも投げているので、8回は投げさせられない。では、エスコバーと山崎の間に国吉でいくかとなると、“万が一”があったら後ろがいなくなってしまう。そう考えると『山崎、2イニングいってくれ』となってしまう。第1戦で山崎を出せない状況になって後悔しているから、この試合は早めに出してしまおうというのもあったと思います。ただ、本当に意味のわからない継投になってしまっている。

 例えば、状態の上がっていないパットンであれば、武藤をベンチに入れておいたほうが戦力になったはずです。武藤がいれば(5回2死で)三嶋を使った場面で武藤を使えた。そして、今永につないで、パットンのところを三嶋でいけたはずです。そうなれば、エスコバーは8回、山崎が9回と使えた。今日は選手が救ってくれたからいいですが……」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」