野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 阪神の勝利呼んだ「ドリスの頑張り」 専門家が分析、DeNAラミレス監督の継投策は…

阪神の勝利呼んだ「ドリスの頑張り」 専門家が分析、DeNAラミレス監督の継投策は…

阪神は7日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦に2-1で勝利し、2勝1敗として5年ぶりにCSファイナルステージ進出を決めた。

DeNAのアレックス・ラミレス監督(左)と阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督(左)と阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

阪神がCSファイナル進出「こういう試合で決着をつけるのはホームランかミス」

 阪神は7日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦に2-1で勝利し、2勝1敗として5年ぶりにCSファイナルステージ進出を決めた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 雨の中での“最終決戦”はロースコアの重い展開に。6回に阪神がDeNA国吉の暴投で先制すると、7回にはDeNAが1死満塁の好機を作り、伊藤光の三ゴロを阪神北條がファンブル。守備の乱れで同点に追いついた。しかし、8回に阪神が高山の死球、代走・植田の二盗、DeNAエスコバーの暴投でチャンスを作り、梅野の犠飛で決勝点を奪った。

 1点差ゲームの勝敗を分けたものはいったい何だったのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、「こういう重たい試合に決着をつけるのは、ミスかホームランです。この試合はミスでした」と指摘。「バッテリエラーが2つとも失点に絡んだDeNAと、今年最大のウィークポイントだった守備の乱れで失点した阪神。ミスが1個だったのか2個だったかの違いですかね」と振り返った。

 さらに、6回の失点の場面ではDeNAの守備で1つポイントもあったと分析する。国吉が先頭・高山に二塁打を打たれ、梅野が犠打を決めて1死三塁のチャンスを作った場面。梅野の三塁方向へのバントを処理した国吉は一瞬、三塁方向を見たものの、宮崎が出てきていたため一塁に投げた。宮崎が三塁に戻っていれば、タイミングは微妙だった。

「このプレーも試合の結果に影響したと言えるかもしれません。普通のプレーに見えますが、宮崎が我慢してベースに入ることさえできれば、アウトだっただけに。ああいう場面での連携と打球判断が難しい部分ではありますが。打球はサードの定位置方向までいっているわけではなく、ピッチャーの範囲内に転がった少し強めの打球なので」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」