野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • ド軍敗戦、前田健太が降板後に5失点 米ファンは続々“怒り”「なぜケンタを下げた?」

ド軍敗戦、前田健太が降板後に5失点 米ファンは続々“怒り”「なぜケンタを下げた?」

ドジャースの前田健太投手は7日(日本時間8日)、敵地で行われている地区シリーズ第4戦のナショナルズ戦で、同点の3回2死満塁の大ピンチで登板。無失点で切り抜けた。続く4回も無失点に抑え、1回1/3を1安打無失点2奪三振と快投。連投となった前田は5回の攻撃で代打を出されて降板となったが、ドジャースはその後に悪夢の5失点を喫し、1-6で完敗した。2勝2敗のタイとなり、決着は第5戦に持ち越される形に。この継投策に地元ファンからはSNS上で「なぜケンタを下げたのか!」と怒りの声が続々と上がっている。

2番手で登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
2番手で登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

前田は満塁ピンチで見事に火消しも…後を継いだ投手が5失点「続投させるべきだった」

■ナショナルズ 6-1 ドジャース(地区シリーズ・日本時間8日・ワシントン)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 ドジャースの前田健太投手は7日(日本時間8日)、敵地で行われている地区シリーズ第4戦のナショナルズ戦で、同点の3回2死満塁の大ピンチで登板。無失点で切り抜けた。続く4回も無失点に抑え、1回1/3を1安打無失点2奪三振と快投。連投となった前田は5回の攻撃で代打を出されて降板となったが、ドジャースはその後に悪夢の5失点を喫し、1-6で完敗した。2勝2敗のタイとなり、決着は第5戦に持ち越される形に。この継投策に地元ファンからはSNS上で「なぜケンタを下げたのか!」と怒りの声が続々と上がっている。

 絶体絶命のピンチで日本人右腕が輝いた。1-1の同点に追いつかれた3回2死満塁の大ピンチ。デーブ・ロバーツ監督は先発ヒルを諦め、前田を2番手で投入した。

 前田はケンドリックに対し、3球連続スライダーで三ゴロに仕留めた。ガッツポーズを繰り出し、雄叫びをあげた男は4回も続投。ジマーマン、スズキを空振り三振に仕留めると、テイラーに内野安打を許したが、シャーザーを中飛に仕留め、無失点に抑えた。

 連投だった前田は5回の打席で代打ポロックが告げられ、お役御免に。だが、5回はウリアスとバエズで計4失点。6回にはストリップリングも1失点とブルペンは炎上した。

 これに怒ったのはドジャースファンだった。ツイッター上で不満の声を続々と上げている。

「ケンタ・マエダは続投させるべきだった。呆れてしまう」
「なぜ、三振撫で斬り中のケンタ・マエダを下げたのか。負けそうじゃない。好調時にあまりに早く交代させるのは昨年と同じ問題じゃないの」
「なぜ、ケンタ・マエダを下げたんだ? ドジャースよ」
「ケンタ・マエダは素晴らしかったのに!」
「なぜ、ケンタ・マエダが……デーブ・ロバーツにもっと忍耐力があればと願う」
「ケンタ・マエダはこのシリーズのMVPじゃないか。文句があればどうぞ」
「デーブ・ロバーツはケンタ・マエダを続投させるべきだった。彼は好投していたのに」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」