野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最速154キロ右腕が大学4年で初勝利から5勝 段階を踏んだ「体作り」の4年間

今秋のドラフト候補で日体大のWエースの1人、北山比呂投手(4年)が10月17日のドラフト会議で運命の日を待つ。高校は名門・横浜高校出身で1学年上に浅間大基、高浜祐仁(ともに日本ハム)、1学年下に藤平尚真(楽天)がいた学年。高校時代は140キロ前後だった球速は4年間で何と最速154キロまでアップした。もう1人のドラフト候補の150キロ右腕・吉田大喜投手(大冠高)と投げ込む日体大グラウンドのブルペンは圧巻だった。時間があれば「体を動かしたい」という練習好きの素顔に迫った。

【動画】ド迫力の最速154キロの剛球を体感 日体大で球速が10キロもアップした北山の実際のブルペン映像

【動画】ド迫力の最速154キロの剛球を体感 日体大で球速が10キロもアップした北山の実際のブルペン映像

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」