野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 「プレミア12」にNPBの元助っ人が多数出場 投手に転向し韓国で大化けの元燕戦士も

「プレミア12」にNPBの元助っ人が多数出場 投手に転向し韓国で大化けの元燕戦士も

11月に行われる「第2回 WBSC プレミア12」。全12か国の代表メンバーが発表され、NPBにゆかりのある選手が数多く選出された。

「プレミア12」キューバ代表に選出された元巨人のフレデリク・セペダ【写真:Getty Images】
「プレミア12」キューバ代表に選出された元巨人のフレデリク・セペダ【写真:Getty Images】

元ヤクルト助っ人は、2015年リーグ優勝に貢献したロマンら5人選出

 11月に行われる「第2回 WBSC プレミア12」。全12か国の代表メンバーが発表され、NPBにゆかりのある選手が数多く選出された。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 注目は韓国代表のハ・ジェフンだ。韓国の高校から米マイナーリーグに挑戦し、2016年に四国アイランドリーグplus・徳島に加入。5月にヤクルトに移籍したが、打率.225、0本の成績でオフに自由契約となった。17年に徳島に復帰し、18年には指名打者でベストナインを獲得。この年、KBO(韓国プロ野球)SKにドラフト指名された。今季は投手に転向し、新人ながら球団新記録の36セーブでタイトル獲得。61試合5勝3敗36セーブ、防御率1.98の成績で、代表でも守護神を務めるとみられている。

 その他にも、キューバからは“走り打ち”で話題になったロエル・サントス(元ロッテ)、“キューバの至宝”フレデリク・セペダ(元巨人)が選出。元ヤクルト助っ人は、先発、中継ぎとフル回転で2015年のリーグ優勝に貢献したオーランド・ロマンら5人が選出されている。

「プレミア12」は11月2日(日本時間3日)に開幕。メキシコ、台湾、韓国で開催されるオープニングラウンドでの各組上位2チームが東京ドーム、ZOZOマリンで開催されるスーパーラウンドに進出する。稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンは台湾、ベネズエラ、プエルトリコと同じグループBに入っている。

○「プレミア12」に参加する元助っ人一覧

【韓国】ジェフン(元ヤクルト)
【キューバ】サントス(元ロッテ)、セペダ(元巨人)
【メキシコ】クラーク(元中日、オリックス)
【オーストラリア】ブラックリー(元楽天)、ジョージ(元オリックス育成)
【ベネズエラ】ソコロビッチ(元広島)、リベロ(元ヤクルト)
【カナダ】ラルー(元ヤクルト)、モルケン(元日本ハム)
【プエルトリコ】ロマン(元ヤクルト)、M・メヒア(元西武)
【ドミニカ】ペレス(元ヤクルト)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」