野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 「あまりに鮮烈だった」―阿部慎之助が大学時代にプロから放った“伝説の一発”

「あまりに鮮烈だった」―阿部慎之助が大学時代にプロから放った“伝説の一発”

2019年のプロ野球はソフトバンクが3年連続日本一を達成し、全ての日程が終了した。巨人は5年ぶりにセ・リーグを制覇し、6年ぶりに日本シリーズに進出したものの、頂点には届かず。引退を表明していた阿部慎之助捕手も現役生活に幕を下ろした。

巨人・阿部慎之助【写真:Getty Images】
巨人・阿部慎之助【写真:Getty Images】

大学時代に日ハムのキャンプに参加していた阿部「とんでもない打者になるなと思いました」

 2019年のプロ野球はソフトバンクが3年連続日本一を達成し、全ての日程が終了した。巨人は5年ぶりにセ・リーグを制覇し、6年ぶりに日本シリーズに進出したものの、頂点には届かず。引退を表明していた阿部慎之助捕手も現役生活に幕を下ろした。

 通算2282試合出場、打率.284、406本塁打、1285打点という偉大な成績を残した球史に名を刻む「打てる捕手」は、対戦相手から見てどんなバッターだったのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、プロ入り前からそのとてつもない打撃センスに驚かされたという。

「阿部が大学生だった当時、アマチュアの有力選手をプロのキャンプに派遣するという制度があったんです。確か大学3年生だったと思いますが、阿部は当時、私が所属していた日本ハムのキャンプに来て、シート打撃で岩本(勉)からバックスクリーンへ特大のホームランを打ちました。これはすごいなと驚きましたね。2週間くらい一緒に練習をして、守備はまだまだだなと思いましたが、バッティングは凄いものがあるなと。大学生が、その当時エースだった岩本から、まだ調整段階とはいえ特大のホームランを打った。その一打があまりにも鮮烈で、プロに入ったらとんでもない打者になるなと思いました」

 プロの強打者を目の前で見続けきた野口氏が脱帽するほどの凄まじいバッティングだったというのだ。そして、阿部がプロに入って対戦するようになってからも、その印象は変わらなかった。

「例えば、3連戦の頭にミーティングをすると、その中で『今回状態がいい選手』として必ず名前が出てくるのが阿部でした。『状態が悪い時はあるのか。いつもいいじゃないか』と。そういう選手でした。ストライクゾーンの中だけで勝負しようと思ったら絶対に抑えられないバッターでしたね。ボールゾーンを使ったり、足を動かすようにして、時にはひっくり返したこともありましたが、どうにかしてボールを球を振らせかった。でも、ボール球をヒットにされたこともありました。ローボールヒッターとかハイボールヒッターとか、インコースがうまいとかアウトコースがうまいとか、そういうくくりの中には入らないバッターでした。ストライクゾーンの中は大体ヒットにしてしまうバッターでしたね」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」