野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 中日ドラ1の東邦・石川 「目標は三冠王」と…侍J同僚に誓った4年後の自分

中日ドラ1の東邦・石川 「目標は三冠王」と…侍J同僚に誓った4年後の自分

17日のドラフト会議で3球団競合の末、中日が東邦の石川昂弥選手の交渉権を獲得。野手トップクラスの評価を受けた。石川は同僚の熊田任洋内野手とともに、U-18侍ジャパン日本代表にも選ばれ、W杯に出場した。石川はプロへ、熊田は進学の予定。3年間、寝食を共にし、同じプロの世界を目指しながら別々の道へ進む2人。これからの目標、4年後の自分を想像してもらいながら、ドラフト前に2人にインタビューを行った。

東邦・石川昂弥(左)と熊田任洋【写真:編集部】
東邦・石川昂弥(左)と熊田任洋【写真:編集部】

同僚のU-18高校ジャパン・熊田任洋とドラフト前にインタビュー、熊田は進学予定

 17日のドラフト会議で3球団競合の末、中日が東邦の石川昂弥選手の交渉権を獲得。野手トップクラスの評価を受けた。石川は同僚の熊田任洋内野手とともに、U-18侍ジャパン日本代表にも選ばれ、W杯に出場した。石川はプロへ、熊田は進学の予定。3年間、寝食を共にし、同じプロの世界を目指しながら別々の道へ進む2人。これからの目標、4年後の自分を想像してもらいながら、ドラフト前に2人にインタビューを行った。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 髪の毛は伸び、服装はユニホームではなく、学校の制服を着た2人と対面した。甲子園やU-18とはまた違う一面が見えた。

 まずは、高校野球を引退した今、どのように調整しているのか。

石川「いつも通り、木のバットで練習をしています。ジムにも通い、体を強く、大きくしています。木製バットでも飛ぶように、スイングスピードを上げるようにやっています。体重は夏84キロだったのですが、92キロになりました」

熊田「大学でやるための体作りとか、基礎練習をしています。体重は1キロちょっと増えたくらいです。ジムには行ったりしています」

 石川は入学時72キロしかなかったため、3年間で約20キロ増量したことになる。石川と熊田と共に下宿生活を送っていた伊東樹里君(3年)の証言によると、「体育祭で走っていた時、見え方がいつもと違って昂弥じゃないみたいでした」と毎日一緒にいても驚くほど、スケールアップしていた。これまで着ていたポロシャツがピチピチになっているそう。

 チームの中心で、精神的支柱だった2人。お互いのことはどのように感じていたのだろうか。

石川「お互いの存在ですか? 意外となんとも思っていないです(笑)。チームを引っ張っていく中で、すごく大事な存在でした」

熊田「(石川は)チームの勝利に貢献してきたので、頼りになるなと思いました」

 入学した頃、熊田は石川の打撃を見て、技術の高さに目を疑った。強いライバル意識というものはなかったようだが、東邦を引っ張る上で、欠かせない存在だとすぐに分かった。

石川「(熊田は)しっかりしています。抜けているところもあるんですけど、天然なのかな?、と突っ込むところはいっぱいあります。冗談を言っても……」

熊田「すぐ信じてしまうんです」

石川「(食事の席で)すごい生肉に見えるお刺身が出たんですよ。トイレから帰ってきたら、僕と樹里(伊東)が冗談で『これは焼くんだよ』と言ったら、火もついていない網にそれを肉だと思って、乗っけてしまう、とか」

熊田「(苦笑……)」

石川「疑わないんです(笑)。でも、こいつ(熊田)は勉強できるんです。野球部では一番。(僕は)中の下くらいです」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」