野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武は外野、鷹は二塁…FA市場“開幕”、各球団の補強ポイントと予算を確認【パ編】

西武は外野、鷹は二塁…FA市場“開幕”、各球団の補強ポイントと予算を確認【パ編】

11月2日、今季のFA宣言選手が公示され、3日から各球団は宣言選手との交渉が可能になった。この【FA選手の最適球団はどこか】シリーズでは各FA選手にとってどの球団が最も戦力的にフィットするか、適した移籍先を探す。今回はその前提として、パ・リーグの球団にどういった戦力のニーズがあるか、また選手を獲得できるだけの予算が残っているかを確認していく。

パ・リーグ各球団来季年俸予算の予測【画像提供:DELTA】
パ・リーグ各球団来季年俸予算の予測【画像提供:DELTA】

パ・リーグ各球団の2020年残り予算を推測

 最後に各球団にFA選手を獲得できるだけの予算が残されているかを確認したい。イラストは現時点で退団報道が出ていない支配下登録選手の来季年俸(推定)をチームごとにまとめたものだ。未更改の選手については、今季の成績でどの程度年俸が上がるか、過去選手の成績と年俸の変動データから、機械的に予測した年俸を使っている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

【西武】

 優勝により多くの選手の年俸が上がることを考えると、秋山ら高年俸選手がいなくなった場合でも残り予算は大きくない。ただこのグラフには今季推定年俸5億円のエルネスト・メヒアが含まれている。現在球団はメヒアと残留交渉を続けているとの報道があったが、残留となっても大幅な減俸は間違いない。その分予算に空きができそうだ。

【ソフトバンク】

 近年最も総年俸が高かったのは2018年だ。この頃は摂津正、五十嵐亮太、本多雄一ら高年俸選手がまだ所属していた。そこから比べると現在は予算に10億円近い空きがあると推測される。複数のFA選手獲得も十分可能だ。

【楽天】

 近年、高年俸のFA選手を次々と獲得している楽天だが、他球団と比べてそこまで予算が膨れあがっているわけではない。ただ空き予算は多くない。来季も例年並の予算を維持するのであれば、美馬の残留交渉と別にFA選手の獲得に向かうのは難しいだろう。

【ロッテ】

 現時点で3億円以上の空き予算が生まれていると推測されるが、これは外国人選手3名の退団をすでに見込んでいるためだ。退団人数分、外国人選手の獲得を行えば空き予算はそれほど多くない。鈴木の残留交渉と別に予算を確保するのは難しそうだ。

【日本ハム】

 すでに外国人選手2名の退団が決定的。その2選手の年俸を除いても残り予算は2億円弱しか残っていないと推測される。残り予算は2選手に替わる新外国人選手獲得に使われる可能性が高い。FA選手の獲得に向かう余裕はなさそうだ。

【オリックス】

 チームは2014年オフに大型補強を敢行。ここ数年はこの頃に比べると予算抑えめで運営されている。数年前並の予算が確保できるのであれば複数のFA選手獲得も可能だ。

(DELTA)

DELTA http://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」