野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍ジャパン、6回なぜ前進守備敷かず? 稲葉監督の思惑「1点OK。後半勝負だと」

野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦を戦い、8-4で大逆転勝利した。6回に一気に3点を奪われて試合をひっくり返されたものの、2点ビハインドの8回に7つの四球と菊池の適時打、鈴木の犠飛などで一気に5点を奪って試合をひっくり返した。

ベネズエラとの初戦で白星を挙げた侍ジャパン【写真:Getty Images】
ベネズエラとの初戦で白星を挙げた侍ジャパン【写真:Getty Images】

同点の6回1死二、三塁で前進守備を敷かず、二ゴロの間に勝ち越し点を許していた

■日本 8-4 ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

「プレミア12」で世界一へ…強化試合で見えた侍ジャパンの「課題」と「収穫」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦を戦い、8-4で大逆転勝利した。6回に一気に3点を奪われて試合をひっくり返されたものの、2点ビハインドの8回に7つの四球と菊池の適時打、鈴木の犠飛などで一気に6点を奪って試合をひっくり返した。

 5回に試合をひっくり返して迎えた6回の守備。その場面で、稲葉篤紀監督は思い切った決断を下した。山岡が先頭のフエンマヨールに中前安打、続くゴドイに三塁内野安打を許した。リベロには左翼フェンス直撃の二塁打を浴びて同点とされた。

 ブランコを一ゴロに打ち取ると、指揮官は山岡に代えて、3番手で大竹をマウンドに送った。右腕は狙い通りに8番のマチャドを二ゴロに打ち取った。だが、内野の守備位置は前進ではなく定位置だった。三塁走者の生還を許して勝ち越し点を奪われた。

 この場面、侍ジャパンベンチはなぜ前進守備を敷かなかったか。稲葉監督は試合後、そこにあった意図をハッキリと語った。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」