野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】「復調を待ってたら終わってしまう」―白星発進の侍J、坂本に代打を送った意味

野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦のベネズエラ戦に臨み、8-4で逆転勝利。2点ビハインドの8回に7つの四球や菊池(広島)の適時打、鈴木(広島)の犠飛などで5点を奪い、試合をひっくり返した。ヒヤヒヤながら、白星発進。初戦で見えた侍ジャパンの収穫と課題とは……。

侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】

初戦で見えた侍ジャパンの収穫と課題とは…「国際大会は待っていたら終わってしまう」

■日本 8-4 ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

侍ジャパン、韓国を破り10年ぶり世界一 稲葉監督は涙「込み上げてくるものあった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦のベネズエラ戦に臨み、8-4で逆転勝利。2点ビハインドの8回に7つの四球や菊池(広島)の適時打、鈴木(広島)の犠飛などで5点を奪い、試合をひっくり返した。ヒヤヒヤながら、白星発進。初戦で見えた侍ジャパンの収穫と課題とは……。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「もらったような勝ち方でしたが、初戦の硬さがある中で、大事なのは勝ったという事実。そういう意味ではよかったですね」と評価。そして、8回の好機で坂本(巨人)に代打・山田(ヤクルト)を送った稲葉篤紀監督の采配については、国際大会を勝ち抜くために必要な手だったと振り返った。

「国際大会は復調を待っていたら終わってしまう。状態が悪い選手は代える、というのは必要になってきます。特に、坂本はこれで2度と使わないという選手ではない。今後も使っていくでしょうから。それで調子が上がらなかったら、スタメン落ちというのも考えないといけない。ただ、あれは十分にありえる作戦、戦術でしょう。あそこで山田ほどの打者が代打として控えているわけですから」

 結果的に、山田は1点差に迫る押し出し四球という形で結果を残した。流れを引き寄せるという意味では大きな一手だった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」