野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清原和博氏、“PL学園魂”に感激「まだ伝統が守られている。すごく嬉しかった」

公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」で監督を務める清原和博氏が7日、“球界復帰”を果たした。トライアウト予選の選手選考のため神奈川・サーティーフォー保土ケ谷球場に登場。選考試合前に参加選手へ向けて、「皆さんの姿を見に来ました。みなさんは小学校の時からプロ野球を夢に見て、やってきたと思います。今日はそのチャンスがありますんで、精一杯悔いのないようにプレーしてください。頑張ってください」と激励した。

「ワールドトライアウト2019」で監督を務める清原和博氏【写真:編集部】
「ワールドトライアウト2019」で監督を務める清原和博氏【写真:編集部】

PL学園後輩の岡本仁捕手から試合前に挨拶を受けた「自分も若い頃…」

 公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」で監督を務める清原和博氏が7日、“球界復帰”を果たした。トライアウト予選の選手選考のため神奈川・サーティーフォー保土ケ谷球場に登場。選考試合前に参加選手へ向けて、「皆さんの姿を見に来ました。みなさんは小学校の時からプロ野球を夢に見て、やってきたと思います。今日はそのチャンスがありますんで、精一杯悔いのないようにプレーしてください。頑張ってください」と激励した。

 トライアウト監督としての初日。清原氏は”PL学園魂”に胸を熱くした。選考試合前。予選会に高校後輩にあたる岡本仁捕手(BCリーグ石川)からベンチ裏で挨拶を受けた。

「ちょうど試合が始まる前に、わざわざ控室に挨拶に来てもらって、『あ、まだPLの伝統が守られているんだな』と感じましたし、自分も若い頃、球場に入るなり、PLの先輩を見つけて挨拶に行ったことを思い出しました。そういうPLの伝統が引き継がれているというのはすごく嬉しく思いました。現在、PLの野球部はなくなった状態ですけど、引き継いでくれる若者がいると思うと嬉しいですね」

 清原氏に憧れてPL学園に入学したという25歳は選考試合で左翼線適時二塁打、右前適時打。「今まで緊張したことはなかったんですけど、今日はじめて野球で緊張しました」と言いながらも3打数2安打2打点をマークした。“大舞台”での勝負強さもPL学園出身ならではのようだ。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」