野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍J応援団は“ONE TEAM” 選手いない阪神から最多参戦「負けは応援のミス」

野球日本代表「侍ジャパン」は台湾で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)グループBのオープニングラウンドを戦い、無傷の3連勝でスーパーラウンドへ駒を進めた。連日熱戦が繰り広げられたが、戦っていたのはグラウンドの監督コーチ陣や選手だけではない。異国の地の左翼スタンドからは、侍ジャパンを鼓舞する声援が響いていた。

プエルトリコ戦で3ランを放った鈴木誠也をベンチでお出迎えする侍メンバーたち【写真:Getty Images】
プエルトリコ戦で3ランを放った鈴木誠也をベンチでお出迎えする侍メンバーたち【写真:Getty Images】

「日本を応援しているのだから」選手個人は関係なし

 野球日本代表「侍ジャパン」は台湾で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)グループBのオープニングラウンドを戦い、無傷の3連勝でスーパーラウンドへ駒を進めた。連日熱戦が繰り広げられたが、戦っていたのはグラウンドの監督コーチ陣や選手だけではない。異国の地の左翼スタンドからは、侍ジャパンを鼓舞する声援が響いていた。

「プレミア12」で世界一へ…強化試合で見えた侍ジャパンの「課題」と「収穫」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「絶対勝つぞ日本! きょうも勝ちましょう!」。6日、プエルトリコ戦が行われた桃園国際野球場の左翼席には日本人の応援団が駆け付けていた。トランペットに太鼓、旗振り……。その光景は日本で見るものと全く同じだ。代表の久保芳秀さんによると、この応援団は日本野球機構(NPB)の特別許可により12球団の応援団から有志で集まったという。

 台湾に遠征してきたメンバーは13人。最多は阪神の応援団の5人だったという。今回の日本代表チームには惜しくも阪神からの選出がなかったが「そんなのは関係ないです。選手個人ではなく、日本チームを応援しているのだから」と久保代表。クライマックスシリーズではライバルだったDeNAや巨人の選手たちも、今は同じチームのメンバー。それは応援団にとっても同じだった。

 今回の侍ジャパンはロッテと阪神を除く10球団から選手が招集されている。応援団はその選手たちの応援歌や各球団のチャンステーマをすべて覚えて演奏した。「(曲を)覚えてくださいとこちらからいうわけではなく、自主練をしてくれている」。メンバーは会社員から自営業まで様々な職種が集まる。それぞれが忙しい日常の合間を縫い、各応援団員同士で教え合ったり、自主練で腕を磨いたりしてきた。それだけ代表の応援にかける思いは強いのだ。

 そもそも、レギュラーシーズンはペナントや日本一の座を争うライバルチームの応援団同士。一体、どのように交流を深めているのだろうか?

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」