野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

練習相手はラグビー日本代表・流大の兄 元中日10勝右腕がトライアウト再挑戦

ルートインBCリーグで「シーズンMVP」に輝いた大谷世代の元10勝投手が、12日に大阪シティ信用金庫スタジアムで開かれる「プロ野球12球団合同トライアウト」に再挑戦する。2018年限りで中日を戦力外となり、今季は栃木ゴールデンブレーブスで13勝を挙げた若松駿太投手。独立リーグでの経験を心身の成長に変え、今度こそNPB返り咲きを果たす。

流大輔さん(左)と若松駿太【写真提供:若松駿太】
流大輔さん(左)と若松駿太【写真提供:若松駿太】

今季はBC栃木で13勝をマーク「10勝した時の真っすぐに戻ってきています」

 ルートインBCリーグで「シーズンMVP」に輝いた大谷世代の元10勝投手が、12日に大阪シティ信用金庫スタジアムで開かれる「プロ野球12球団合同トライアウト」に再挑戦する。2018年限りで中日を戦力外となり、今季は栃木ゴールデンブレーブスで13勝を挙げた若松駿太投手。独立リーグでの経験を心身の成長に変え、今度こそNPB返り咲きを果たす。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 生き生きした目が、充実ぶりを物語る。「いい意味で、疲れたシーズンでした」。BCリーグ1年目は先発として21試合で128イニングを投げ、13勝5敗、防御率2.53。勝ち星と投球回数はチーム最多で、初優勝に貢献した。四国アイランドリーグplus優勝の徳島インディゴソックスとの「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ」でも敢闘賞を獲得。1軍登板ゼロで、2軍でもろくに登板機会が回ってこなかった昨年に比べれば、天と地ほどの差だった。

 中日時代はプロ3年目の15年に10勝を挙げ、決め球のチェンジアップは誰もが認める一級品だった。制球力、経験、マウンドさばきは、BCリーガーたちを相手に数字で証明した。NPBと比べて劣る環境面でも「施設は整っていますし、思ったより苦じゃなかった。4時間のバス移動がつらかったくらいですかね」と笑う。むしろ逆境の中で前のめりに過ごし、何より投げられるマウンドがあることが楽しかった。

 課題だった直球にも兆しが見えてきた。昨年のトライアウトでは130キロしか出ずに首をひねる関係者もいたが、今季は最速140キロを計測。実戦の中でフォームの微調整を繰り返し、本来の姿を体が思い出してきた。やはり、直球あってのチェンジアップ。「徐々にですが、10勝した時の真っすぐに戻ってきています」とうなずく。

「スピードもそうですが、ミットで受けていてボールの威力が去年までとは全然違います」。そう言って若松の自信を補強するのは、地元の福岡県久留米市に帰省した際に練習パートナーを務めてくれている流大輔さん。社会人や独立リーグでプレーした経験を持ち、現在は小中学生らを相手にした野球塾を開く。独立リーガーとなった若松の姿に「初心に戻って野球と真摯に向き合う強さができてきたと思います。心身ともに一回り成長したように感じます」と目を細める。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」