野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 【プレミア12】“疑惑の判定”に韓国ファンからブーイングも… 指揮官「潔く認めるべき」

【プレミア12】“疑惑の判定”に韓国ファンからブーイングも… 指揮官「潔く認めるべき」

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は11日、韓国とアメリカが東京ドームで対戦し、5-1で韓国が勝利した。3回にはキム・ハソン内野手が微妙なタイミングで本塁アウトとなる場面があり、キム・ギョンムン監督がチャレンジを申告。しかし判定は覆らず、観客からはブーイングが起こっていた。試合後キム・ギョンムン監督はこの場面に言及、「残念ではあった」と無念を表した。

果敢に本塁を狙った韓国代表のキム・ハソン【写真:Getty Images】
果敢に本塁を狙った韓国代表のキム・ハソン【写真:Getty Images】

本塁返球によりアウトでチャレンジも判定覆らずファンは怒り

■韓国 5-1 アメリカ(プレミア12・11日・東京ドーム)

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は11日、韓国とアメリカが東京ドームで対戦し、5-1で韓国が勝利した。3回にはキム・ハソン内野手が微妙なタイミングで本塁アウトとなる場面があり、キム・ギョンムン監督がチャレンジを申告。しかし判定は覆らず、観客からはブーイングが起こっていた。試合後キム・ギョンムン監督はこの場面に言及、「残念ではあった」と無念を表した。

 3点リードの3回、1死一塁からイ・ジョンフが右中間に抜ける二塁打を放つと、キム・ハソンは三塁を蹴って本塁に突入。スライディングでホームプレートに触れたようにも見える微妙なタイミングで本塁返球によりアウトの判定が出された。しかしキム・ハソンはすぐさまこれに抗議し、監督はチャレンジを申告。しかし判定は覆らず、場内からはブーイングが起こった。

 試合後、キム・ギョンムン監督は3回の場面を問われると「タイミングとしては監督が出てアピールすべき場面だったかと思うが、本人がホームプレートを踏んだと言っていたので、監督としてチャレンジした。残念ではあったが、(判定)結果が出た以上は潔く認めるべきだと思います」とコメントした。

 WBSCプレミア12公式ツイッターではこの場面の動画が公開されている。微妙な判定だっただけに韓国ファンからは「セーフではないか?」と多くのコメントが寄せられていた。

(臼井杏奈 / Anna Usui)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」