野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 【プレミア12】台湾のオリ張奕が“大一番”で先発、韓国相手に3回無失点の好投 打線は2回に2点先制

【プレミア12】台湾のオリ張奕が“大一番”で先発、韓国相手に3回無失点の好投 打線は2回に2点先制

「第2回 WBSCプレミア12」のスーパーラウンド、韓国-チャイニーズ・タイペイ戦が12日、ZOZOマリンスタジアムで行われている。チャイニーズ・タイペイは、先発のオリックス張奕が3回無失点の好投。2回に2点を先制し、リードして中盤戦へ突入する。

チャイニーズ・タイペイ先発のオリックス・張奕【写真:Getty Images】
チャイニーズ・タイペイ先発のオリックス・張奕【写真:Getty Images】

初回、2回と先頭に四球を出し、得点圏に走者を背負うも粘りの投球

■韓国 – チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・12日・ZOZOマリン)

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

「第2回 WBSCプレミア12」のスーパーラウンド、韓国-チャイニーズ・タイペイ戦が12日、ZOZOマリンスタジアムで行われている。チャイニーズ・タイペイは、先発のオリックス張奕が3回無失点の好投。2回に2点を先制し、リードして中盤戦へ突入する。

 今大会では、日本を除くアジア/オセアニア大陸の上位国1チームがオリンピックの出場権を獲得する。韓国との“直接対決”という重要な試合を任された張奕は初回、四球、内野安打で無死一、二塁のピンチを招く。しかし、後続を二飛、中飛、空三振で無失点。2回も先頭に四球、2死から中前打で一、二塁となったが、1番のパク・ミンウを遊飛に打ち取った。

 3回はテンポよく2死。元ツインズの4番パク・ビョンホには三遊間を抜かれたが、続くキム・ジェファンを右飛に抑えた。チャイニーズ・タイペイは、2回2死一塁から連打で2点を先制。リードして中盤戦を迎える。

(工藤慶大 / Keita Kudo)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」