【プレミア12】台湾ワン・ウェイチェンが3回に先制打! 豪州は負ければ敗退

オーストラリア戦に先発している台湾代表のフー・チーウェイ【写真:Getty Images】
オーストラリア戦に先発している台湾代表のフー・チーウェイ【写真:Getty Images】

オーストラリアは負ければ敗退、メキシコが初の五輪出場へ

■台湾 – オーストラリア(プレミア12・16日・東京ドーム)

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は16日、スーパーラウンド第4戦チャイニーズ・タイペイ対オーストラリア戦が東京ドームで行われ、チャイニーズ・タイペイは3回にワン・ウェイチェンの適時打で先制点を挙げた。

 チャイニーズ・タイペイは3回先頭のワン・シェンウェイが左腕へ死球を受けて出塁。続くガオ・ユージェが左前打で無死一、三塁とすると、オーストラリア先発ルジクが降板。2番手ケントがマウンドに上がったが打線を止められず、ワン・ウェイチェンが二遊間を抜ける適時打で1点を先制した。

 オーストラリアが勝てばスーパーラウンド成績を2勝3敗とし、アメリカと並ぶ。アメリカには直接対決で勝利しているため、オーストラリアの3位決定戦進出が決定し、アメリカ大陸の上位1チームが獲得できる東京五輪への出場権をメキシコが得る。チャイニーズ・タイペイは既に3位決定戦進出は逃しているが、勝利すればアメリカが3位決定戦へ進出。五輪出場権獲得へメキシコとの直接対決となる。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

CATEGORY