野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天浅村、5億円でサイン 東京五輪へ意欲十分「世界一に貢献したい」

楽天の浅村栄斗内野手が22日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行った。昨オフに西武からFAで加入した際、4年総額20億程度の契約を結んでおり、来季2年目は2億9000万アップの年俸5億円でサインした。「第2回 WBSC プレミア12」で世界一を経験し、来年の東京五輪へ意欲を高めた。

契約更改を行った楽天・浅村栄斗【写真:高橋昌江】
契約更改を行った楽天・浅村栄斗【写真:高橋昌江】

2億9000万円アップの年俸5億円でサイン「とても疲れた1年でした」

 楽天の浅村栄斗内野手が22日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行った。昨オフに西武からFAで加入した際、4年総額20億程度の契約を結んでおり、来季2年目は2億9000万アップの年俸5億円でサインした。「第2回 WBSC プレミア12」で世界一を経験し、来年の東京五輪へ意欲を高めた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天に移籍して初めて過ごしたシーズンを「今までにない内容の濃い、とても疲れた1年でした」と振り返った。チームで唯一の全試合に出場し、自己最多の33本塁打を放った。2013年に一塁手で選出されて以来となるゴールデングラブ賞を二塁手で受賞。11月には侍ジャパンの一員としてプレミア12に出場し、決勝ではダメ押しのタイムリーを放つなど、25打数9安打6打点で初優勝に貢献した。

「(球団からは)『FAできてくれて、休むことなく全試合、頑張って出てもらってありがとう。打線の軸が1本、どっしりできた』と言ってもらいました。必要としてもらっているんだなと改めて思い、嬉しかったですね」

 そう言ってほおを緩めたが、「満足はしていない」ときっぱり。打率.263だったことを挙げ、「そこが1番、自分の中では引っかかっているところ」と反省を口にした。162個の三振も気にかける。打率を上げ、三振を減らすためにも今回のプレミア12の経験を無駄にしない。国際大会でボールの見極めや1球で仕留めることの重要さを改めて痛感したという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」