野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 韓国人左腕は「先発5番手か便利屋」 米挑戦の“日本キラー”を米メディアは岩隈と比較

韓国人左腕は「先発5番手か便利屋」 米挑戦の“日本キラー”を米メディアは岩隈と比較

韓国プロ野球(KBO)のSKワイバーンズからポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す左腕・金廣鉉(キム・グァンヒョン)投手を米テレビ局「CBSスポーツ」が特集。「先発ローテーション5番手、または、スウィングマン(1人で複数の役割をこなす選手)のような位置づけになるだろう」と紹介している。

韓国代表としても長く活躍しているキム・グァンヒョン【写真:Getty Images】
韓国代表としても長く活躍しているキム・グァンヒョン【写真:Getty Images】

KBOのSKからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す左腕・金廣鉉

 韓国プロ野球(KBO)のSKワイバーンズからポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す左腕・金廣鉉(キム・グァンヒョン)投手を米テレビ局「CBSスポーツ」が特集。「先発ローテーション5番手、または、スウィングマン(1人で複数の役割をこなす選手)のような位置づけになるだろう」と紹介している。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 金廣鉉は2006年のドラフト1位でSKに入団すると、08年には16勝を挙げてMVPを受賞した。同年の北京五輪では予選と準決勝の日本戦に先発し、予選では6回2失点、準決勝では8回2失点と2度好投。金メダル獲得に貢献して「日本キラー」と呼ばれた。11年以降は不振が続いたが、17年にトミー・ジョン手術を受けると復活。昨季は25先発で11勝8敗、防御率2.98、今季は30先発で17勝6敗、防御率2.51と好調だ。記事では「トミー・ジョン手術後は、コントロールが悪くなる投手が多いが、キムは、復帰後の2年間の与四球率は彼のキャリアベストであった」としている。

 記事では、KBOのロッテ・ジャイアンツのフロントスタッフが今年8月に出したスカウティングレポートを紹介。「キムの速球は90マイル前半だが、必要であれば90マイル半ばまで出せる。彼のスライダーはキレがありメジャーリーグ級だ。近年、彼はカーブボールとフォークボールをもっと上手く使うようになった。コントロールも良くなり、さらに良い投手になった」との評価を得ている。

 米野球データサイト「ファングラフス」ではそのスライダーを高く評価しながらも、メジャーリーグでは「先発ローテーション5番手、または、スウィングマン(1人で複数の役割をこなす選手)のような位置づけになるだろう」としている。似たタイプの投手としては今季9勝12敗、防御率4.56ながら238三振を奪ったタイガースのマット・ボイド投手が挙げられている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」