野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天ブラッシュ、ヤクルト山田哲が“選球眼王” 「出塁率-打率」のトップ10は?

MLBでは「安打と四球は、同じ“出塁1”だから同じ価値だ」という考え方が広がりつつある。日本でも打者にとって「出塁率」の重要性は高まりつつある。

楽天のジャバリ・ブラッシュ(左)、ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
楽天のジャバリ・ブラッシュ(左)、ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

IsoDランクのトップ10、パ・リーグでは楽天新助っ人がトップ

 MLBでは「安打と四球は、同じ“出塁1”だから同じ価値だ」という考え方が広がりつつある。日本でも打者にとって「出塁率」の重要性は高まりつつある。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「四死球による出塁」だけを示す指標にIsoD(Isolated Discipline)がある。「出塁率-打率」という簡単な数式で導き出せるが、純粋に「選球眼」を抽出した数値だと言える。

 今季、300打席以上の打者のランキングを見ていこう。

○パ・リーグ

1 ブラッシュ(楽).136(出塁率.397 打率.261)
2 近藤健介(日).120(出塁率.422 打率.302)
3 山川穂高(西).116(出塁率.372 打率.256)
4 井上晴哉(ロ).110(出塁率.362 打率.252)
5 浅村栄斗(楽).109(出塁率.372 打率.263)
6 西川遥輝(日).105(出塁率.393 打率.288)
7 角中勝也(ロ).101(出塁率.359 打率.258)
8 デスパイネ(ソ).096(出塁率.355 打率.259)
9 福田周平(オ).092(出塁率.342 打率.250)
10 辰己涼介(楽).091(出塁率.320 打率.229)

 楽天の新外国人のジャバリ・ブラッシュが.136で1位。ブラッシュはチームトップの95打点を挙げたが、選球眼でも貢献した。2位はプレミア12でも最多の9四球を選んだ日本ハムの近藤。パの最高出塁率も獲得した。

 IsoDは、投手が警戒する長距離打者が高くなる傾向があるが、日本ハムのリードオフマンの西川や、オリックスの福田も高かった。彼らは純粋に「ボールを良く選んでいた」と言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」