野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清原和博氏、腕組みで戦況見つめ投手交代告げる 監督務めるトライアウトで存在感

プロ野球通算525本塁打を誇る清原和博氏が30日、神宮球場で行われた公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」で監督を務め、一塁側ベンチで腕組みして戦況を見つめた。ルール上、投手は15球で交代となるため、その度に清原監督がベンチを出て球審に投手交代を告げた。

投手交代を告げる清原和博氏(左)【写真:編集部】
投手交代を告げる清原和博氏(左)【写真:編集部】

一塁側ベンチでコーチの片岡篤史氏らと談笑も

 プロ野球通算525本塁打を誇る清原和博氏が30日、神宮球場で行われた公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」で監督を務め、一塁側ベンチで腕組みして戦況を見つめた。ルール上、投手は15球で交代となるため、その度に清原監督がベンチを出て球審に投手交代を告げた。

 西武時代と同じ「背番号3」のユニホームを身にまとった清原監督は、ベンチに座っているだけで存在感は抜群。時折、打撃コーチを務める元阪神ヘッドコーチの片岡篤史氏らと談笑する場面もあった。

 ワールドトライアウトは、日本のプロ野球で戦力外になった選手やアマチュア選手、日本球界の移籍を望む米マイナーリーグの選手を対象に、出場選手が2チームに分かれて試合形式で実施。投手はチーム関係なく15球をめどに次々と交代していく。

 清原氏は2016年2月に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、同年5月に有罪判決を受け、現在も執行猶予中。主催する運営会社「ワールドトライアウト」からの依頼を快諾し、神宮の地で球界に”復帰”。ファンも多く駆けつけ、誰よりも大きな声援が送られていた。

(小西亮 / Ryo Konishi)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」